3週間でお腹を凹ませるための15の生活習慣!

ちょっとした生活習慣を変えるだけで、3週間で無理なくお腹をへこませることができます。実は、ダイエットに一番効果的な季節は春なんです。自分にできるものだけを取り入れて、春ダイエットを加速させましょう。

スクリーンショット 2015-05-02 17.01.551.6時までに起床、太陽を浴び体をリセット
2.朝起きたらカラダを動かし、交感神経をオン

朝起きたら軽くカラダを動かし、副交感神経から交感神経に切り替え、活動モードをオンにしよう。そうすれば、効率よくエネルギーを作り出すことができる。

3.朝食を必ずとって代謝スイッチオン

朝食を食べないと脂肪が燃焼されないばかりか、ランチで摂った栄養が、ここぞとばかりに溜め込まれてしまう。代謝のスイッチをオンにするために、朝食は欠かせない。

4.脱・スナック菓子宣言!

脂質だけでなく塩分も多く、食べ始めると止まらないケースも多い。

スクリーンショット 2015-05-02 17.02.055・揚げ物はランチで摂る

最も脂肪が蓄積されにくい昼に食べるのが正解です。

6.こまめに運動!階段は必ず使う

食べすぎた翌日は、階段を駆け上がってカロリー消費してみては?

7.ランチはゆっくりよく噛んで食べる。

早食いすると満腹中枢が刺激される前に食べ過ぎてしまう。

8.空腹は太るもと!間食を賢く活用する。

カラダは飢餓状態を察知すると蓄積モードになり、太りやすくなる。

9.清涼飲料水を止め、お茶・水・コーヒーを飲む。

お茶やコーヒーに含まれるカフェインは交感神経を刺激し、脂肪燃焼に働きかける。

スクリーンショット 2015-05-02 17.02.2710.夕食前の筋トレでエネルギー消費モードに

夜は副交感神経優位になる。食膳の運動によって交感神経を優位にしエネルギッシュな状態にすることができます。

11.買いだめは食べ過ぎのもと。

余計な食べ物を身の回りにおかないこと

12.夜、小腹がすいたらホットココア

夜、小腹がすいてどうしても我慢できない時は低カロリーで消化が良いものを少量摂る。ホットミルクや豆乳、こんにゃくぜりーとか

スクリーンショット 2015-05-02 17.02.3813.会社帰りにエネルギー消費

会社から駅まで走ってみる、早歩きする、階段を使ったり、一駅手前で降りてみるetc

14.夜ご飯はできるだけ21時までに食べる

脂肪蓄積率が急上昇するのが21時以降です。

15.就寝前は腹式呼吸で睡眠モードに切り替える
スポンサーリンク