1日3分の骨盤スクワットでやせ体質にチェンジ!

スポンサーリンク

骨盤スクワットでダイエット

スクリーンショット 2015-05-05 12.25.38骨盤スクワットとは、開いた骨盤を締めなすことにより、腹周りを中心に全身を引き締めるダイエット方法です。骨盤スクワットのやり方・方法を一言で表現すると、一度、骨盤を開いてから締め直す、スクワットの方法です。1日1回でOK。1週間続けたら3日休む。目安として体重が2kg落ちたら、一度、完全に休む。これが基本的な考え方です。

開いていた骨盤を締めると内臓の下垂が改善され、ポッコリお腹が引き締まってきます。
しかも内臓の下垂が改善されたことで、お腹がいっぱいになるのが早くなり、今まで食べていた量の7割ぐらいで満腹感を得られるようになります。つまり、その差の分だけスーッと痩せてくるというわけです。

基本となる骨盤スクワット

スクリーンショット 2015-05-05 12.25.301,足を肩幅に開き、つま先は開ける最大まで外側に向ける。
2,45秒かけて腰を落とせるところまで落とす。
3,15秒かけて元に戻す。
4,今度はつま先をできるだけ内側に向ける。
5,また45秒かけて腰を落とせるところまで落とす。
6,15秒かけて元に戻す。
7,つま先はそのままで、上体をできるだけ前に倒し約15秒キープ。
※このとき背筋はなるべく真っ直ぐに状態を倒します。
8,ゆっくり戻して終了。

ここまでたったの3分! 本当に簡単なエクササイズです。骨盤スクワットは、1日1回、好きな時間にやるだけで、開いていた骨盤が引き締まっていきます。

骨盤スクワットの効果を高め、さらに早く痩せるための工夫

1,毎日熱いお風呂に胸のラインまで5分間浸かる。
2,食事中に一口あたり40~50回、よく噛む。
3,基礎代謝を上げるために筋肉量を増やす。
4,お腹がいっぱいになったら素直に食事を中断し、食べたくない時に無理に食べない。
5,お腹が減りやすい場合はごく少量の食事で回数を増やす。

注目を集めているダイエット法「骨盤スクワット」

スクリーンショット 2015-05-05 12.25.24スクワットを実践されると、太ももが伸びていることが実感できると思いますが、この大腿四頭筋は身体の靭帯の中で最も大きく、鍛えられることによって基礎代謝量がかなり改善され、太ももはもちろんのこと、身体全体が引き締まってきます。

また、ウエストにくびれが出来たり、お尻の筋肉が体の前の方に引っ張られるので、お尻がシャープになり、形が整ってきます。身体のラインがとても細くなり、スタイルが良くみえるようになりますね

スポンサーリンク