肩甲骨ダイエットで、代謝を上げながらキレイに痩せる。

スクリーンショット 2015-05-13 13.26.17

肩甲骨は女性にとって、美容にもダイエットにもかなり深い関係のあるところということを知りました。肩甲骨を動かすだけという簡単なこともあり、すぐに実践できそうなので、肩甲骨ダイエットをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

あなたの肩甲骨は、錆び付いていませんか?

下記の項目に複数当てはまるなら、あなたの肩甲骨は錆び付いている可能性が高いです。

スクリーンショット 2015-05-13 13.25.40・猫背といわれることが多い
・いつも背中の真ん中あたりにこりを感じる
・背中の対角線上で、自分の左右の手をつなげない
・ブラジャーのホックを前側でつけてから後ろへ回すことが多い
・直角に曲げた腕の両ひじをつけて、水平以上の高さに上げられない
・直立の状態で体の後ろで両手を握り、握った手を腰骨の高さまで上げられない

肩甲骨が錆び付くと起こるデメリットとは?

スクリーンショット 2015-05-13 13.25.47

・体だけでなく顔にも、たるみを及ぼします。

・胸が締め付けられて、胸がスムーズに動けないので、呼吸が浅くなります。
・肩こりと肩甲骨には深い関係があります。

肩甲骨を動かすと、こんなにも効果がある。

スクリーンショット 2015-05-13 13.25.23・肩甲骨周辺の筋肉を緩めることで、褐色脂肪細胞を活発にし、痩せやすいカラダになる
・デコルテラインをすっきり&バストアップ効果が期待できる
・肩甲骨を動かすと、褐色脂肪細胞が刺激され脂肪燃焼効果が上がる
・インナーマッスルも鍛えられるため、ダイエットと同時に、しなやかボディに
・骨盤と連動して開閉をスムーズにするので、体の歪みや姿勢を正すことができる
・血流やリンパの流れが良くなるため、体のむくみ、冷え、肩こり、セルライトを取り除く効果がある

効果的な肩甲骨ダイエットの方法

肩甲骨ウォークダイエット

スクリーンショット 2015-05-13 13.13.371,右腕を後ろに引いて、肩甲骨を動かす(肩甲骨に連動して右の骨盤が前に出る)
2,これを左右で繰り返す

【ポイント】
・歩く前に腕を回して肩甲骨をほぐす
・へそ下3cmにある「丹田」意識する

スクリーンショット 2015-05-13 13.16.23

両腕を天井に突き上げます。その状態から図のように肩をおろします。おろした状態で10秒ほどキープします。
・10セットほど行うと効果的です。

スクリーンショット 2015-05-13 13.16.43

腰に手を当てて立つ。背中にある肩甲骨を動かす意識で、肩を大きく上下に動かして、ゆっくり呼吸を繰り返す。

スクリーンショット 2015-05-13 13.17.19

足を大きく開いて立ちつま先は外側に。肩を中に入れるように動かします。10秒くらいキープして反対も行いましょう。

肩甲骨ストレッチ①

スクリーンショット 2015-05-13 13.19.10

1,両足を肩幅くらいに開く。いすに座ってもOK!

2,肩甲骨が伸縮する感覚を意識しながら、片方の肩を上げ前方にゆっくり下げていく。
3,反対側も同じ動作をします。5回程度繰り返す。

スクリーンショット 2015-05-13 13.23.44肩甲骨ストレッチ②

1,両足を肩幅くらいに開く。いすに座ってもOK!
2,両腕を出来るだけ上に伸ばし手のひらを合わせる。
3,片方の肩(肩甲骨)を前に、反対側は後ろにぎゅっと引く感覚を意識しながら左右にひねる。5回。

肩甲骨を後ろへ引きよせるストレッチ

スクリーンショット 2015-05-13 13.24.301,両足を、肩幅より少し広めに開き、つま先を軽く外側に向ける。両腕を肩の高さまでまっすぐに上げ、両手の人差し指をくっつける。
2,左右の肩甲骨を中央によせるイメージで、ゆっくりと腕を後ろに引く。手首、ひじ、肩が平行になるよう意識しながら、自然な呼吸で行う。
3,肩甲骨をさらに中央によせていき、ゆっくりと両手を最初の位置に戻す。

※1~3を10回繰り返す。

スポンサーリンク