座るだけダイエットで、足を細くしてお腹をへこませる!

激しい運動や過度の食事制限を必要とせず、座り方を変えるだけで体型を変化させる座るだけダイエットが紹介され、話題となっています。その概要をまとめてみました。

スポンサーリンク

悪い姿勢はダイエットの妨げに!

スクリーンショット 2015-05-15 15.09.15現代人の生活では、椅子に座ることが日常生活の大半を占めます。何気なく座っている椅子ですが、座り方に悪い癖があると身体にダメージを与えるばかりか、ダイエットの妨げにもなります。

痩せることへの近道は、普段から何気なくやっている“悪い姿勢を正す”ことかもしれません。

ダイエットにも悪い座り方とは?

スクリーンショット 2015-05-15 15.09.11よく言われるように足を組むと骨盤を歪ませます。骨盤どころか、脊柱も歪ませます。昔から足を組んでいる人はそのまま骨盤が歪んでしまっているので、足を組んでいたほうが楽になってしまうのです。

また椅子の背もたれにもたれながら浅く座ると、骨盤は開き、お尻も大きくなり、下腹も出る原因となります。その姿勢だと力が入らないので筋肉も衰え、ボディラインがみるみる悪くなってしまうので要注意ですし、体重が腰の方へ落ちるため、腰を痛ませる原因となります。

美しいボディラインをつくる座り方とは?

スクリーンショット 2015-05-15 15.09.06美しいボディラインを作るためには、しっかりと腰を立て深く座るL字で座りましょう。L字で座ることで、上半身の重さをしっかりと受け止めてくれます。腰を立たせ、背骨を引き上げることで筋肉が一気に使われるので、エクササイズ効果もあります。

正しく座ることで体内の神経系、血液、リンパ液などは滞りなく流れスムーズな排出につながります。

足を細くする座り方とは?

スクリーンショット 2015-05-15 15.11.31座るだけで足を細くさせたいなら、内転筋を鍛えるのが近道です。両膝をぴったりくっつけてみてください。この膝を閉じる動作、内転筋の力のおかげです。内転筋を鍛えれば、太ももが引き締まり、プヨプヨ太ももとおさらばです!

より高い効果を望む場合には、イスに浅めに座って、電話帳をひざに挟みます。ふともも全体を意識します。たったこれだけです。重要なのは電話帳を使うこと。この5cmほどの厚みと重さが太ももを鍛えてくれます。

お腹をへこませる座り方とは?

スクリーンショット 2015-05-15 15.13.20両足を腹の力で上にあげてみましょう。結構下っ腹に効きます。ちょっと危なっかしいなって思ったら、手で椅子を持って、カラダを支えておくといいです。慣れれば手を使わない方が足を上げやすくなります。椅子に浅く座ってた方が、足を上げやすいです。

より高い効果を望む場合には、丹田ダイエットを併用しましょう。丹田ダイエットとは、おへそから握りこぶし1個分下(7~9㎝)に位置する丹田(たんでん)に力を入れ、お腹を凹ませる方法で、所要時間はたった1分という簡単なものです

丹田ダイエットのやり方

1,イスに浅く座り、骨盤を立てるイメージで背筋を伸ばす。
2, 丹田の付近に力を入れて、お腹を凹ませる。
3,5秒後ほどゆっくり数字を数えた後、フーッとお腹の力を一気に緩める。
4,デスクワークのときには、1分間繰り返すのが目安だ。

骨盤クッションを使う

スクリーンショット 2015-05-15 15.09.00人間は、一度悪い姿勢を覚えてしまうとなかなか治すのは難しいものです。でも、骨盤クッションがあれば座るだけでそれを正しく修正してくれます。骨盤クッションは、骨盤の傾きを正しい位置に導くよう、やや前下がりに作られています。さらに、下半身が圧迫されないように、真ん中に隙間があけてあります。

骨盤快適クッションの使い方は簡単!表と前後を確認して、今お使いの椅子に置くだけです。その時、両足の裏が床に着くように椅子の高さを調整してください。

何事も継続が大事です。

普段使っていない筋肉を使うので、最初はすぐに疲れてしまいます。その場合は1時間置きに3分、慣れたら5分、10分と時間を延ばしていきましょう。継続することが大事。でも簡単だから継続しやすいんです。ぜひ仕事の合間に取り入れてみてください。

スポンサーリンク