痩せてるのになぜか二重あご。その原因と二重あごを解消する方法!

太っている場合、二重アゴの人が多いのは確かです。しかし、体は痩せているのに二重あご、という人も少なくありませんね。それは二重あごは脂肪ではなく、顔の筋肉が衰えていることが原因でできる場合が多いからです。二重あごになってしまう原因とその効果的な解消法についてまとめました。

スポンサーリンク

二重あごになる主な原因は5つ!

スクリーンショット 2015-05-16 16.59.451,表情筋の衰え
2,噛む回数が少ない
3,姿勢が悪い
4,口呼吸
5,スマートフォン・携帯電話を長時間使用している

二重あごは、体重や脂肪率に関係なく発生する厄介な存在です。その上、一度できると解消しにくいという困りものでもあります。鏡の中の顎に少しでも肉がついたな、口元のたるみが気になるな、と思ったら要注意です。筋トレやストレッチ、マッサージで解消と予防に励みましょう。

二重あごを撃退する方法

筋トレで解消する場合、

スクリーンショット 2015-05-16 16.50.291,まっすぐ立ち、頭を後ろに倒して真上を向きます。
2,両鎖骨を手で軽くおさえ、鼻の頭に届くくらい舌をだします。
3,舌の出し入れを10回~50回繰り返します。

顎舌骨筋を鍛える方法

1,顎の骨の右端(耳の下)に右手の親指をあて、骨を下から支えます。
2,左手の平は口元を覆うようにして、4本の指を右手親指の下にあてます。
3,右手親指と左手の4本指で顎を下へと押しながら、口を大きく開け閉めします。
4,反対側も同じように繰り返します。

おとがい筋を刺激する方法

1,口を閉じ顎を上げて顔を上に向けます。
2,上を向いたまま口を「あ」の状態で開けて10秒キープします。
3,そのまま下顎だけを使って口を閉じます。
4,ゆっくりと顎を引いた状態へ戻しましょう。

表情筋を刺激する方法

スクリーンショット 2015-05-16 16.59.381,両手の親指と他の4本の指とで顎をつまんで引っ張ります。
2,ゆっくりと左右の耳の方向へと引っ張っていきます。
3,顎から耳の下へ向けて5回程度繰り返します。

ガムを噛む

ガムを噛むというのも二重あご解消につながります。毎日顔を動かして噛むことを意識するだけで、表情筋が鍛えられ、二重あごの解消につながります。ノンシュガーのガムを噛めば、カロリーは気にせず咀嚼回数を増やすことであごの筋肉を鍛えることができます。

ストレッチで解消する場合、

スクリーンショット 2015-05-16 16.53.131,「1・2・3」と数えながら、3秒かけてゆっくりと右を見ます。
胸鎖乳突筋を柔軟にするストレッチ(行き)、顔が真横を向いたところで3秒キープします。
2,「1・2・3」と数えながらゆっくりと、顔を元に戻します。
胸鎖乳突筋を柔軟にするストレッチ(帰り)
3,今度は「1・2・3」と数えながら、3秒かけてゆっくりと左に顔を向け、顔が真横を向いたところで3秒キープします。
4,3秒かけてゆっくりと顔を正面に向けます。

マッサージで解消する場合、

スクリーンショット 2015-05-16 16.53.061,首の根もとから、あごの下まで、手の甲でぐるぐると押し上げるように10回さすります。
2,手の甲であごの中央から耳の根もとまで押し上げるように左右一緒に10回マッサージします。
3,あごの中央から左右の耳の根もとまで両手の指でつまんだり、離したりと細かく繰り返しながら10回やります。
4,手のひら全体をつかって、ほおに両手をあてて、上の方にひっぱりあげるように10回さすります。

二重あごにならない様に悪い癖は改善する

1,咀嚼回数を増やす。
普段の食事の中で咀嚼回数を増やすように意識することが、二重あごの改善にはとても大切です。
2,姿勢を正す。
猫背になり、肩よりもアゴを突き出した悪い姿勢を取ってはいませんか?たるみの原因になりますし、悪い姿勢は美容の大敵なので、気をつけましょう。

最後の手段は「カイベラ」です。

スクリーンショット 2015-05-16 17.15.02米食品医薬品局(FDA)が、あごの下に付いた脂肪を除去して二重あごを解消できる新薬「カイベラ」を承認しました。現時点で二重あごを解消しようと思えば、手術で切除するか、吸い出すしか方法がありませんが、カイベラなら、皮膚科の診察室で注射をしてもらうだけで、素晴らしい成果を上げることができます。

あごの下に注射して治療する

スクリーンショット 2015-05-16 17.17.26デオキシコール酸を成分とする注射をあごの下に打つと、脂肪の細胞膜が破壊され、脂肪が破裂して消滅する。破壊された脂肪細胞の残骸は体内に吸収されてしまうため、一度分解された脂肪が再び元に戻ることはない。

一回の治療で最大50回の注射が必要となるものの、治療後に包帯などを巻く必要も無く、その効果は数日であらわれますが、もちろん保険は適用外です。そこまでせずに、まずは上記の方法の中から、ご自身に合ったものを試すことをオススメします。

スポンサーリンク