ダイエットの間食におすすめなお菓子や食べ物!

ダイエットでは高カロリーの食事はなかなか出来ませんし、間食なんて絶対にNGと思っている人も多いかもしれません。しかしダイエット中でもおすすめのダイエットをサポートする間食をまとめてみましたので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

ダイエット中の間食は太る?

スクリーンショット 2015-05-22 14.36.34太る原因のひとつに間食があります。20代~30代の女性の8割以上が間食をしていて、その過半数は「間食すると太ってしまう」と思いつつ間食がやめられない状況なのだそうです。しかしダイエットに合った間食をすれば、ダイエットの手助けになるかもしれません。

ダイエット中の過度な食事制限はイライラを招いたり、反動でドカ食いをしてしまうなんてこともありますし、ちょっとした工夫により高カロリーの間食でも太らない(太りにくい)ものに変えることは可能なのです。

ダイエット中におすすめな食べ物

ドライフルーツ

スクリーンショット 2015-05-22 14.36.41ドライフルーツはダイエット食品、ヘルシーフードなどと言われて人気があるのは、やはり理由があるからなのです!フルーツを乾燥させると水分がなくなり味が凝縮され濃厚になります。また柿のように乾燥により成分が変化し甘みがぐっと増すものもあります。

ドライフルーツには、不溶性および水溶性食物繊維が豊富に含まれています。不溶性食物繊維が多い食品はよくかんで食べる必要があるため、早食いによる過食を防いでくれます。摂取量に気を付けなければなりませんが、腹持ちの良い果糖はダイエットに向いています。

ナッツ類

スクリーンショット 2015-05-22 14.37.24ナッツ類はカロリーが高いからとダイエット中には敬遠されてきました。そんなナッツが最近ダイエットに効果的だという事で注目を集めています。ナッツは食物繊維も豊富なので腹持ちが良いと同時に、便通を良くする効果もあります。

オレイン酸やリノール酸など血液サラサラ効果のある不飽和脂肪酸が豊富に含まれているので、美容に加えて健康にもプラスの効果があります。

寒天ゼリー

スクリーンショット 2015-05-22 14.38.17寒天ゼリーには、ケーキのような甘さはありませんが、甘いものが欲しいというストレス軽減にはなってくれます。寒天は食物繊維を豊富に含んでいて、カロリーも低いので、ダイエットに適した健康的な食品の一つです。

寒天には、余分な糖質や脂質の吸収をブロックしてくれます。豊富な食物繊維の影響で、満腹感をもたらしてくれるだけでなく、整腸効果や糖吸収遅延効果、中性脂肪低下作用もあります。

ブルーベリー

スクリーンショット 2015-05-22 14.40.00ブルーベリーの実は、体内にある既存の脂肪細胞を壊し、新しく脂肪細胞が作られるのを防ぐといいます。果物のなかではトップクラスの抗酸化力、血管や胃潰瘍などへの効果が立証され、健康食材として世界中でブームになっています。

ブルーベリーにはビタミンCとE、そしてアントシアニンが豊富に含まれているので、活性酸素の生成を抑制し老化防止、美肌効果が期待でき、65才以上の被験者にブルーベリージュースを12週間飲んでもらったところ、言葉がなめらかになり、記憶力が良くなり、幸福感もアップしたという研究結果もあります。

おしゃぶり昆布

スクリーンショット 2015-05-22 14.41.121袋あたり、わずか24kcalとローカロリーにも関わらず、うま味成分があり、しっかり噛まないと食べられないので満足感や満腹感を得やすいダイエットに一押しのおやつです。

カルシウムが同じ重さの牛乳の6倍も含まれており、水溶性食物繊維(粘質多糖類)であるアルギン酸とフコイダンやヨウ素もたっぷり含まれていて、食べて損のないおやつです。

ダイエット中の間食の時間は?

スクリーンショット 2015-05-22 14.53.57朝食を食べた後3時間位を目安にしましょう。朝食後3~4時間たって1度血糖値が低下してきたころに食べるのが理想的です。その結果、空腹からの昼食のドカ食いも防げます。

昼食後も3時間位を目安にしましょう。昼食と夕食の時間が長く空く人は、空腹による夜のドカ食いを防ぐため、昼食後3時間~4時間を目安に、おやつタイムを入れましょう。午後3時頃は1日のうちで脂肪を蓄えるホルモンが1番少ない時間帯だとも言われています。

但し頻繁に食事やおやつを食べると、インスリンが絶えず分泌され、膵臓の休む暇がありませんので、しっかり間隔をあけるなど健康面への配慮が必要です。

ダイエット中の間食の量は?

スクリーンショット 2015-05-22 14.55.21おやつの目安量は、食事全体の10%までにしましょう。例えば、総摂取カロリーが1日1800kcalなら180kcalということです。一度にがっつり食べたいなら、3日に1度にすれば、総摂取カロリー(3日分)が5400kcalになるので、540kcalのおやつを食べられます。食べたい量と頻度で上手に調整をするようにして下さい。

間食を食べる時は我慢しないで食べ、他の日で調節するなど、メリハリをつけてみるのも良いですね。

スポンサーリンク