甘酒ダイエットの効果と成功者の口コミ!

スクリーンショット 2015-06-03 11.49.51甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれているが、これらの栄養はいわゆる栄養剤としての点滴とほぼ同じ内容であることから、「飲む点滴」と称されることもあります。

スポンサーリンク

甘酒は、朝食にオススメです。

スクリーンショット 2015-06-03 11.40.03米麹で作った甘酒はアルコールを含まないので子どもが飲んでも大丈夫なのです。ただし、酒粕で作った甘酒はアルコールを含むため注意が必要です。おすすめの飲み方は精をつける「朝飲む甘酒」です。

朝、甘酒を飲んでおけば、ビタミン、アミノ酸、エネルギー源を効率よく取り込む事ができ、一日を疲れ知らずで過ごすことができます。

甘酒の効果

乳酸菌が腸内環境をととのえる

甘酒をはじめとする発酵食品には植物性乳酸菌が含まれています。乳酸菌ということは、ご存知ヨーグルトと同じ。善玉菌を増やし、悪玉菌をやっつけて腸内のバランスをととのえ、便秘などのお悩みを解消してくれます。

酵素が消化吸収を助ける

スクリーンショット 2015-06-03 11.42.33甘酒には酵素が含まれているので、食べ物を消化し栄養を吸収する働きを助けてくれます。食べ物が消化されずいつまでも腸に溜まっていると、腐敗して毒素となり体へ影響を及ぼします。消化を高めるためには食後に摂るのが◎。スイーツにぜひ取り入れたいですね。

砂糖不使用! やさしい自然の甘み

「どうしても甘いものがやめられない」「ちょっと小腹が空いちゃった」そんなときにはお菓子(人工的な甘み)を甘酒(自然の甘み)に置き換えてみて。白砂糖や人工甘味料は胃や腸に悪影響を及ぼしますが、甘酒はお米のデンプンからつくられたブドウ糖のみなのでやさしくおなかを満たしてくれます。

夏バテを予防

夏バテによる食欲不振できちんと栄養を摂らずにいると、肌を再生する材料が減って肌の代謝が悪くなり、肌荒れやシミ、シワの原因になります。甘酒には、消化吸収を助ける消化酵素や、エネルギーに転換するビタミンB群などが豊富に含まれていることにより、栄養を効率良く体に取り込むことができるのです。

美白効果

スクリーンショット 2015-06-03 11.44.03甘酒には、特に多くビタミンB2(皮膚や粘膜を保護)が含まれているため、皮膚を活性化させます。麹や酒粕は、美白成分のコウジ酸も豊富。コウジ酸は、シミの原因になる黒い色素のメラニンの生成を高めるチロシナーゼという酵素の働きを抑えるため、過剰なメラニン生成を抑え、シミやくすみを防ぎます

髪が受けた紫外線ダメージにも

コウジ酸は頭皮を若返らせ、美しい髪をつくるとも言われていますし、頭皮にも良い影響があります。。

肥満抑制効果でダイエットをサポート

スクリーンショット 2015-06-03 11.45.19脂質の代謝を促進するビタミンB群が豊富で、ダイエットに適した甘酒は「米麹」から作られている場合だけです。酒粕から作れらているのは大量の砂糖を投じているのでダイエットには不向きなのです。

甘酒は、飲むとほどよい満腹感を与えてくれるから、食べすぎという事をなくしてくれますし、栄養素が豊富だから食べ過ぎた翌日や週末の「プチ断食」として活用できるのです。

腸内環境を改善して快便になる

甘酒に含まれる麹由来の食物繊維やオリゴ糖は、腸内環境を整える効果も持っています。

美味しい甘酒の作り方

スクリーンショット 2015-06-03 11.50.271,まずは米こうじを用意。スーパーでは、お味噌売り場の近くにおいてることが多い。
2,炊飯器の保温機能を使って作ると簡単らしい。
3,保温のまま2時間待って、かき混ぜてを数回繰り返します。(時間は結構かかるみたい…)ふんわりと甘い香りが漂いだしたら、終了。
4,冷やして保存して、飲みたいときに2倍の量の水と混ぜ合わせて甘酒をつくりましょう♪

甘酒ダイエット成功者の口コミ

・甘酒を飲み始めてから甘いものを食べなくなりました。セーブしているのではなく、食べたくならない。基本的に家では間食をしないので、食べるとすれば朝の眠気覚ましでしたが、それも必要としてなくて。
・甘酒(ノンアルコール)飲み始めて半年以上。 「朝、甘酒一杯のみ」にして数ヶ月。 Gパンが・・・ 手を重ねて入るくらいグスグスに♪♪♪ 体調もいいし、何食べても美味いし、毎冬の風邪にもかからんし、花粉・黄砂も症状軽いし。

甘酒の取り入れ方

スクリーンショット 2015-06-03 12.25.23冷たい甘酒をそのまま飲むのはもちろんですが、シャーベット状に凍らせたり、シロップ代わりにかき氷にかけたりすることで、違った甘酒に変化します。

夏場の食欲がない朝や、おやつ代わりに飲むと良いですし、独特の風味が苦手な人は、ショウガを加えたり、豆乳(無調整)で割ると、クセが和らぎますので、いろいろ試してみてください。

スポンサーリンク