ゆで卵ダイエットの方法と効果

卵にはビタミンCと食物繊維以外の栄養素が全て含まれている優良栄養食品なのです。最新の研究では、卵を食べることで空腹感を感じにくくなることが分かっています。また卵は腹持ちが良いことに加え、食欲を抑える効果があることがわかっています。そんな卵を使ったゆで卵ダイエットの方法と効果を紹介したと思います。

卵に関する興味深い研究結果

健康な成人に1日5~10個の卵を5日間連続して食べさせるという実験が行われ、その結果、毎日10個食べた人でも血中コレステロールの値はほとんど変化しないことがわかりました。卵を食べ過ぎるとコレステロール値が上がりすぎるというのは迷信だったようです。

スポンサーリンク

ゆで卵がダイエットに向きな理由

低カロリー食品

ゆで卵1つのカロリーは大体90kcalです。そこまでカロリーが高くないので、ダイエット向きな食品と言えます。仮に1日に10個のゆで卵を食べても900kcalでしかなく、成人女性の基礎代謝を1200kcalと考えても、まだまだ余裕があります。

卵は優良栄養食品

卵にはビタミンCと食物繊維以外の栄養素が全て含んまれています。しかもたんぱく質の栄養価が、全食品の中でダントツの数値です。通常のダイエット方法だとタンパク質不足が危惧されがちですが、 卵は良質なタンパク質源となるだけではなく、GI値が低いというのもダイエットにとってはプラスの意味があります。

1日3個が効果的

コレステロール含有量が高い食品として脂質異常症患者は、避けるか1日1個までと指導されてきた方も多いと思います。しかし、メタボリック症候群患者の減量食に全卵を加えると、脂質バランスが改善され、糖尿病の原因となるインスリン抵抗性が改善されたという報告結果もあります。やみくもに卵を食べればいいワケではなく、今回の結果も炭水化物制限とセットという点を忘れないようにしてください。

食欲を抑える働き

米国ルイジアナ州立大学では、健康な成人20名に卵2個を含んだ朝食と、卵なしの朝食をそれぞれ1週間続けて食べてもらいその結果を公表しています。朝食に卵を摂取した日の方が空腹を感じにくく、昼食の量も少なく済む傾向が見られました。

また昼食後の血液検査でも、食欲増進の働きを持つホルモンであるグレリンの分泌が少なく、満腹時に分泌されるPYYというホルモンの値も高かったのです。つまりは卵をたべることで満腹感が持続しやすくなり、食欲が増進されにくいということです。

ゆで卵ダイエットの方法

ゆで卵を中心にダイエットをする場合には、ゆで卵と野菜をバランスよく組み合わせたメニューを、一日のうち1~2食に取り入れて行います。

主食に置き換える

食事の主食を、炭水化物からゆで卵に変えてみましょう。少し固めに茹でることで、消化が遅くなり腹持ちが良くなります。

おかずに置き換える

3食普通に食べますがお肉や魚を減らして、その代わりにゆで卵を食べるようにする方法です。ゆで卵は食べる量ではなくて、ゆで卵でどのくらい通常の食事を減らすことができるかが大事です。

ゆで卵はサラダやみそ汁など低カロリーのおかずや汁ものと一緒に食べると効果的です。その際にも急いで食べるのでなく、ある程度時間をかけてゆっくりよく噛んで食べるのがポイントです。

間食として食べる

置き換えダイエットの食材として食べるだけでなく。お腹が空いた時の間食にもオススメです。炭酸水を飲みながらゆっくりと食べるようにすると、良い感じでお腹が満たされ空腹のストレスも解消されます。

運動前に食べると効果的

卵にはバリン、ロイシン、イソロイシンといった脂肪を効率よく燃焼してくれる必須アミノ酸が含まれているので、運動前に卵を食べればダイエット効果が促進されます。

ダイエット効果を上げる方法

ゆで卵ダイエットをする際は、半熟ではなく固ゆでにするようにします。しっかり茹でてある卵の方が消費にエネルギーが必要になりますし、半熟のゆで卵だと消化が良いので、すぐにお腹が減ってしまい逆効果になります。

ゆで卵だけのダイエットは注意

毎食ゆで卵だけを食べるダイエット方法はかなり危険で、ゆで卵だけ食べるとビタミンやミネラルの一部が不足してしまい病気になる可能性を高めてしまいますので、その点に注意してゆで卵ダイエットをするようにしましょう。

ゆで卵だけダイエットをすると確かに体重は減少しますが、肌荒れが酷くなりますし、途中で断念してリバウンドしてしまう人も多いので、注意が必要です。

どんなダイエットでも、基本はやっぱり栄養バランスの取れた食事です。このことさえ忘れなければ、おかずや主食をゆで卵に置き換えるだけで、ストレスも感じずに1ヶ月で2〜3キロ位は簡単に痩せることが出来ますので、是非チャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク