バジルシードダイエットで美しく効果的に痩せる

バジルシードって知っていますか?チアシードではなくて、バジルシードです。名前は似ていますが、やはり効果が違いますので、バジルシードとチアシードの違いとバジルシードに期待できる効果をご紹介します。

スポンサーリンク

バジルシードとは?

バジルシードとは、タイ原産のシソ科の植物オシマム・カヌム(イタリア料理でお馴染みのバジル)の種子のことです。その成分には、不溶性食物繊維やa-リノレン酸が豊富に含まれており、人間の体内では作れない必須脂肪酸も含まれているために、ダイエット効果以外にも美容効果などが期待できます。

ドリンクにするとその見た目はチアシードと同じようにカエルの卵のような感じですが、舌触りはタピオカみたいで食感はプリプリしててアロエみたいな感じです。

バジルシードの効果

バジルシードは、成分の約50%が不溶性食物繊維の為に腸内環境を整えることに適しています。身体に余分なものをこの食物繊維が絡みとってくれて排出することができるので、お通じが良くなって快便に繋がるわけです。

α‐リノレン酸も含まれているので、肥満改善が期待できますね。ちなみにバジルシードに含まれているα‐リノレン酸は、n-3系脂肪酸(オメガ3)の一種で、不飽和脂肪酸です。青魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)と同じ成分なので、身体に良いことが分かります。

バジルシードの食べ方

食べ方は簡単でバジルシードを飲み物に入れたり、食べ物に混ぜたりするだけでOKです。特に特別な調理が必要というわけではありませんので、バジルシードを買ってきて、好きなドリンクやお水にいれて、どんどん飲んでしまいましょう。

ひき肉を使った料理の場合、調理する際にひき肉の量を減らし代わりにバジルシードをいれたり、クッキーの中にバジルシードを混ぜて焼いたりと粒状なので様々な料理に簡単に使うことが出来ますが、水分量だけは調整するようにしましょう。

バジルシードとチアシードの違い

バジルシードとチアシードの違いを簡単にご紹介します。

・水を含んだ際の膨張性は、バジルシードが30倍なのに対し、チアシードは10〜14倍とバジルシードの方が高い膨張性を持っています。
・カロリーの違いは、バジルシードは1g=1kcalなのに対し、チアシードは、1g=5kcalとバジルシードの方がカロリーが低いです。
・含まれている成分は、バジルシードもチアシードも食物繊維とα‐リノレン酸を始めとするオメガ3脂肪酸なので変わらないです。

このことからもバジルシードの方が、チアシードよりも様々な面でよりダイエットに向いていることがわかります。一点注意しなければならないのは、バジルシードもチアシードも高い膨張性がありますので、少量でも満腹になってしまう可能性がありますので、食べ過ぎには十分注意してください。

バジルシードダイエットの口コミ

・バジルシードを食前に水と一緒に約1ヶ月間食べ続けただけで、なんと6キロもダイエットに成功しちゃいました。
・重度の便秘に悩みバジルシードを買って試したところ、あっさり便秘が解消され、お腹周りがすっきりしてきました。
・ご飯の代わりにバジルシードを2週間食べただけで3キロ痩せました。
・バジルシードの満腹感で、間食する回数が減っていい感じです。

バジルシードの成分

バジルシードは、たった5gでなんとレタス1個分の食物繊維を取ることが出来るだけではなく、5gのバジルシードには1日に必要なカルシウム・マグネシウム・鉄分の2割、ビタミンKの5割を摂取出来ます。その他にも亜鉛やビタミンE、ビタミンB6も含まれています。

バジルシードの注意点

・バジルシードは、30倍に膨れますので、一度に大量に食べないようにしましょう。
・薬と同じタイミングでバジルシードを摂取することで、薬の有効成分まで吸収してしまうことが考えられますので、服用中の薬がある人は食べるタイミングに注意が必要です。

安心・安全なバジルシードをお探しなら
人気No.1のバジルシード

バジルシードドリンク
バジルシードドリンク ハチミツ フレーバー

スポンサーリンク