お風呂で簡単ダイエット ダイエット効果をアップする方法

お風呂はリラックス効果だけではなく、美容や健康にも良いことで知られていますが、実は入浴方法を変えるだけで、簡単にダイエットできるという痩せ効果も期待できるのです。入浴時に一工夫するだけでダイエット効果が上がるお風呂に入れると良いものや、とっておきの入浴方法などを紹介します。

スポンサーリンク

お風呂に入浴することで期待できる効果

一日の終わりに入るお風呂は、疲れた体と心をリラックス&リフレッシュさせてくれる大切な時間です。温かいお風呂に浸かっているだけで、血行を良くして新陳代謝を活発にし、老廃物を体外に排出してくれるため、たまった疲れと共に余分なものを出すことが出来ます。

お風呂への入浴方法方法でその効果が変わる

暖かいお風呂にのんびり入るだけでも気持ち良いのですが、実は入り方を少し工夫するだけで、美肌効果を高めたり、ダイエットや安眠効果を高めることができるのです。ゆっくり入浴を楽しむだけではなく、更に美容効果を高めてよりキレイになれると嬉しいと思いませんか?

お風呂に入れるとダイエット効果が高まるもの

日本酒(コップ1〜2杯)

多くの女性芸能人が実践していることで話題になった日本酒風呂。お風呂に日本酒を入れることで、血の流れを活発にする酒の気が加わり、お風呂の効果が体の芯まで作用して、入浴の効果が長く持続するようになります。使用する日本酒はなんでも良いですが、最近は日本酒風呂専用のお酒も販売されていますので、それを選ぶのも一つの方法です。

塩(30〜50g)

お風呂の入浴剤として塩を使うと良いと言われています。使用する塩はミネラルの多い粗塩が良いでしょう。お風呂に塩を入れるだけで、お湯の温度を高く感じることになり、汗を沢山かくことができます。塩入浴ダイエットの効果は各方面で実証されており、多くの芸能人も実践しています。

生姜(1〜2かけ)

生姜成分が入った入浴剤が多いですが、もちろん生の生姜をお風呂に入れることでも同様の効果を期待する事ができます。生姜に含まれているショウガオールが体をじんわり温めてくれます。発汗作用と血行促進の効果で体をほかほかに温めて、湯上がりはさっぱりと気持ちがいいものです。

エプソムソルト

お風呂にエプソムソルトという塩を入れたらすぐに効果が出ます。エプソムソルトとは硫酸マグネシウムの別称で、15〜16世紀にイングランドのエプソムという町で発見されたため、そのように呼ばれています。

みかんの皮(2〜3個)

みかんの皮は、漢方で陳皮(ちんぴ)と呼ばれ昔から健康のために利用されていました。その香り成分のリモネンやテルピネンにはリラックス効果があり、ポリフェノールの一種で陳皮の主成分であるヘスペリジン(ビタミンP)には血流を改善し、体を温める効果があるといわれています。他にもビタミンCやクエン酸も豊富に含まれているので美白やニキビ肌の改善にもオススメなんです。

ダイエット効果の高い入浴方法

正座をして入浴する

正座をして入浴することで、とっても簡単でお金もかからずにストレッチができます。その際に1つだけポイントをあげるとしたら、猫背にならないよう背中をビシっと伸ばすことです。もしも正座ができない場合は、無理に座ろうとせずに浴槽のふちを両手でしっかり持って、できるところまでしゃがみ、その体勢を10秒ほどキープします。

正座をすることで足のむくみに効果的なのです。お湯の中で水圧がかかった状態で正座をすることで、ふくらはぎをもみほぐすのと同様の効果が得られます。入浴時のイメージはひざから上、太ももの前部分の筋肉をグーッと伸ばすような感じです。わりと鍛えにくい箇所のふくらはぎ周りの筋肉に自分の体重を利用して適切なストレスをかけることで、引き締まったふくらはぎと足首をつくるのに役立ちます。

血行が良くなり、痩せやすくなる

正座してお風呂に入ることで、お尻でふくらはぎ全体を加圧することになり、全身の血流を良くすることができます。全身の血流が良くなれば、より体が温まりやすくなります。つまり普通にお風呂に入るよりも代謝も上がって痩せやすくなるんです。

骨盤の歪みに効く

骨盤の歪みには正座が効果的なんです。正座をすると骨盤がバランスよく安定するため、歪んだ骨盤を矯正することができます。背骨や足のゆがみが改善されると、内臓の位置が元に戻りポッコリお腹が解消され、より代謝が上がって脂肪が燃えやすくなります。また膨張ぎみだった胃の大きさが調整され、食欲を正常に戻してくれます。

更にストレッチを加えると効果が高まります。

バスタブの中で正座をして、両手は後ろで体を支え、足の甲からすねにかけてゆっくりと15秒間伸ばします(その時に手は外側に向けておきます)。そのまま、おしりをゆっくりと上に上あげて腰を反らし、太ももから股関節を意識してゆっくりと15秒間伸ばします。15秒×4回セットを目安にすると良いです。

正座を続けることで背骨を支えている周囲の筋肉を鍛えることになりますので、体内の代謝機能が高まり、太りにくい体をつくることができます。お風呂の中での正座は思っているよりも簡単かつラクにできますので、正月太り対策としても非常に効果的です。

スポンサーリンク