半日断食ダイエットで簡単に効果的に痩せる

半日断食ダイエットとは、少し前から流行っている断食を取り入れたお手軽簡単なダイエット方法です。僅か半日なので身体や気持ちへの負担も少なく効果が高いので、その方法や得られる効果などをまとめてみました。

スポンサーリンク

半日断食とは

半日断食の基本は朝食を抜くことです。朝食を抜き、体に食べ物を入れる全体的な時間を短くすることで胃腸の負担を減らし、体のほかの器官の働きを助けることができるのです。しかし朝食を食べなければ良いというだけではなく、半日断食を効果的に行うためには最低限守っていただく決まり事があります。

半日断食のやり方

夕食から昼食まで18時間以上の間隔をあけます。例えば、前日の夕食が午後6時に終わったら翌日の昼食は昼12時です。午後7時に夕食をとったなら昼食は翌日の午後1時。午後8時に夕食なら翌日の午後2時に昼食を取ります。ただ多少の誤差は許容範囲ですので、まずは気軽にチャレンジするのが良いでしょう。

半日断食では朝食を抜きますが、その分水を最低500ml以上は飲むようにします。水分の摂取で便や宿便の排泄を促します。水分の一日の摂取量は2リットル前後が理想です。どうしても朝食を食べたくなったら、野菜ジュースのような胃に負担のかからないものを飲むようにします。

昼食と夕食の量は腹8分目で間食はしない。半日断食ダイエットを行ううえで重要なことは、一回の食事で食べすぎないことです。朝食を抜いたからといって、その反動で昼食と夕食を食べ過ぎてしまうとその効果が薄れてしまいます。

半日断食の効果

血色が良くなる

食べ物を体の中に入れない時間を作ることで、溜まっている老廃物や毒素の排出が進み、ダイエット効果だけでなく、シミやそばかすが薄くなったり、血色が良くなる、むくみが取れるなどのうれしい効果が期待できます。

デトックス効果

身体の中で溜まりにたまった老廃物を外に排出してくれ、まさに身も心もきれいにしてくれますので、女性のとっては非常に嬉しい効果です。特に朝は身体的には排泄の時間帯なので、朝食を食べることで便秘になりやすくなり、排泄が不十分になって宿便がたまり、血液は濁ってしまい、体調を崩したり病気になったりする人がいます。

身体が軽くなる

食べ物を入れない時間を作ることで、胃腸をきちんと休ませることができ、その間身体はほかの器官の働きを活発にすることができるので、身体の隅々まで血液が回ることで体温が上昇し、元気が溢れ、明るく活動的になります。

基礎代謝のうち内蔵の消化器官に使われるエネルギーの割合は思ったより高く、内臓の働きを休ませることで消化活動に使われるはずのエネルギーが余り、スタミナ上昇に繋がるのです。

空腹感が減る

食べる量が減るためお腹が減るのかと思いきや、逆に空腹感が減って、そのため食べる量が自然と減って行く人が多いのです。その結果、自然と体重も減り、苦しむことなくダイエットができるひとが多いのです。

健康になる

食べ物を断つことで胃腸内部の環境改善が進み、断食によって宿便を出すこと、腸内環境の改善が可能になります。宿便は万病の元だと言われており、宿便は血流も滞らせますし、内臓への負担も増えます。それを排出することで体質が改善されるのです。

女性

半日断食を成功させるために

昼食の直前にりんご半分またはみかん1個を食べることで空腹感が満たされ、食事を食べ過ぎずに済むようになります。また食事の30分くらい前に野菜ジュースを飲むのも良いとされています。週に一度でも半日断食を行えれば、内蔵はずいぶんと休まって機能が回復しますので、自分に合った方法で半日断食を実践してみてください。

スポンサーリンク