納豆のダイエット効果で健康的に痩せる方法

納豆は、大豆を納豆菌で発酵させただだけのシンプルな食品であるにも関わらず、栄養バランスに優れた食材で、普段の食事に追加することでダイエット効果がある事や健康的に痩せられることがわかっています。どんな方法で納豆を食べると痩せやすいのとか、ダイエットと納豆の関係を紹介します。

スポンサーリンク

納豆のダイエット効果で健康的に痩せる

大豆を発酵して作る納豆は大豆の有効成分がそのまま含まれているので、必須アミノ酸や良質なたんぱく質を豊富に含んだ食材です。しかも大豆のままだと豊富な栄養も消化吸収が上手く出来ず、体内では6〜7割ほどしか吸収する事ができないのです。しかし納豆にすることで、その消化性が大幅に向上すること、更にビタミンやミネラルが使いされることなどもあり、タンパク質の消化吸収率が9割以上にアップすることがわかっています。

girl-852160_640

納豆に含まれる不溶性の食物繊維が腸内環境を整えてくれるので、ダイエットの体的である便秘解消に非常に高い効果が期待できます。納豆には食物繊維意外にも非常に多くの有効成分が含まれていますので、順次紹介したいと思います。

納豆に含まれる効果的な栄養素

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼには、強力な血液サラサラ効果があります。このナットウキナーゼは主に納豆のネバネバ部分に含まれており、50gの納豆を食べることで一日に必要な摂取量を得ることが出来ます。血液サラサラ効果で代謝アップにもつながりますので、健康やダイエットに非常に高い効果が期待できます。

ポリグルタミン酸

納豆のネバネバの本体がポリグルタミン酸です。このポリグルタミン酸は胃壁を守ったり、腸管内の老廃ブルを体外に排出する手助けをしたり、体内に存在する毒素を排出する作用があります。

ビタミンB2

大豆にはあまり含まれていないビタミンB2を納豆菌が作り出しますので、納豆と大豆を比べるとその含有量が大幅に異なっています。ビタミンB2には、体内にたまった脂肪をスムーズに燃焼する効果があり、ダイエットには欠かせません。また肝機能を整える効果もあるので、アルコール摂取量の多い人は納豆を酒のつまみにすると良いでしょう。

ビタミンK2

脂溶性のビタミンであるビタミンKには血液を凝固させる止血作用とカルシウムを骨に定着させる骨粗鬆症の予防効果が期待できます。特にビタミンK2は微生物が作り出す成分のために普通の食品にはあまり含まれておらず、世界中の全ての食品の中で最も豊富にビタミンK2が含まれているのが納豆なのです。

girl-relationship-974031_640

ダイエット中にはカルシウム不足が起こりやすく、女性の場合にはその先に骨粗鬆症という事も考えられますので、ダイエットに納豆を取り入れることでカルシウムの定着を高めてくれますので、乳製品と合わせて摂取するようにしましょう。

リノール酸

リノール酸も体内で作り出すことが出来ない必須脂肪酸で、血中コレステロール値を下げる効果や動脈硬化帽子作用があり、体の内側からのアンチエイジング効果が期待できます。

大豆イソフラボン

女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンも納豆には豊富に含まれていますので、ダイエット時のホルモンバランスの乱れを最小限に抑えてくれます。ムリなダイエットをするとすぐにホルモンバランスに影響が出ますので、健康的に痩せるためにもホルモンバランスを乱さないダイエット方法が大切なのです。

納豆菌

納豆菌は腸に届くと善玉菌と同じ様に腸内で発酵して数が増え、腸内環境を整えてくれる効果があります。特に納豆菌は食物繊維と同時に摂取することで整腸作用が高まることがわかっていますので、納豆として食べるのが最も効果的なのです。ただ食事からとった納豆菌は体内に1日ほどしか残れないので、腸内環境を維持するためには毎日納豆を食べ続ける必要があります。

納豆ダイエットの注意点

納豆ダイエットで気をつけるべき点は、それは納豆は1パックで100Kcalもあるという部分です。つまりいくらダイエット効果が高い納豆でも食べ過ぎるとカロリーオーバーに繋がる可能性があるという部分です。納豆ダイエットを実践する場合には、できれば1日1パック、食べても2パックまでにするようにしましょう。

特に女性ホルモンに似た働きをする納豆を食べ過ぎることで、単にカロリーオーバーになるだけではなく、ホルモンバランスが乱れる原因にもなりかねませんので、一度に沢山食べるのではなく、継続的に食べ続ける事をおすすめします。

girl-930439_640

納豆ダイエットのアレンジレシピ

納豆キムチ

納豆とキムチの合わせ技は菌活という事を考えても最強のレシピの一つなのです。キムチのカプサイシンは脂肪燃焼効果がありますし、納豆にも脂肪を燃焼させやすい体質に改善する効果があります。またキムチの乳酸菌と納豆の納豆菌を合わせて摂取することで相乗効果が高まり腸内環境が大幅に改善しダイエット効果が高まることがわかっています。

作り方は簡単です。納豆もキムチもできれば賞味期限ギリギリのものを用意し、それを混ぜて少し放置(できれば常温で一晩)します。そうすることで乳酸菌が増え、抗酸化作用や免疫力が大幅に上昇します。キムチの乳酸菌が納豆菌を餌にどんどん増加するのです。

オリーブオイル納豆

オリーブオイルと納豆に共通するダイエット効果を同時に摂取してしまおうというのが、オリーブオイル納豆です。オリーブオイルの便秘解消効果と納豆の腸内環境改善効果の合わせ技でポッコリお腹がスッキリするとオシャレ女子に人気なのです。

作り方は簡単です。納豆をよくかき混ぜて、そこにオリーブオイルを小さじ1杯加えて更に納豆をかき混ぜます。そこに醤油や塩を少量加えて味を整えれば完成です。オリーブオイル納豆を食べるオススメのタイミングは朝食です。

めかぶ納豆

めかぶのヌルヌル成分には、フコダインやアルギン酸などの多糖性の食物繊維が豊富に含まれており、腸内を潤して便を柔らかくして便秘解消効果がありますし、アルギン酸は腸でニオイ成分を包み込んで便と一緒に排出する働きがありますので、おならが臭くなくなる効果も期待できます。

作り方は簡単です。納豆とめかぶを混ぜてひたすら混ぜ続けて、ネバネバをどんどん強くします。そこに少量の納豆のタレを追加して、更に混ぜ合わせれば出来上がりです。消臭効果も高く、便秘解消も高いめかぶ納豆は腸や肝臓をキレイに掃除してくれます。

person-994833_640

様々な食べ方が楽しめる納豆ですが、やはり独特の匂いやネバネバが苦手な人も多いと思います。最近は匂いのないタイプや外国人にも人気のドライ納豆などの売られていますので、納豆嫌いの人でも食べられる納豆が見つかると思います。

私も以前は納豆は人の食べ物だと思っていませんでしたが、納豆の効果の高さもあり今ではご飯無しの納豆だけでも食べられるようになりました。あなたに合う納豆もきっと見つかると思います。納豆の持つダイエット効果と健康効果は他の食品で置き換えられない部分もありますので、ぜひ納豆でキレイになってしまいましょう!

スポンサーリンク