17日間ダイエットで夏までに痩せる!

17日間ダイエットという方法が今アメリカで大人気です。これは、Dr.マイケル・R・モレノが考案した結果がすぐ出るダイエット方法のことでモレノ式ダイエットとも呼ばれています。ただ最初に一つ知っておくべきなのが、17日間で完全に誰でもが痩せられるわけではなく、17日間で5キロ減る人もいればなかなか体重が落ちない人もいるという点です。

スポンサーリンク

17日間ダイエットの基本的な考え方!

17日間ダイエットには4つのサイクルがあり、1つの項目ごとに17日間繰り返すことで最終的に痩せる体質を維持できるんです。

girl-852157_640

1,促進期…体の毒素を出すために食事はタンパク質と野菜、発酵食品メインで、炭水化物は全て排除します。
2,活性期…代謝を上げて脂肪燃焼する為に炭水化物を1日毎に取る人取らない日を交互に繰り返します。
3,確立期…より良い食習慣を身につけるために、炭水化物を普段通りに食べても良いですが、摂取時間と運動に配慮します。
4,達成期…平日はダイエットをして週末は解禁するなどメリハリをつけて今の体型と体重を維持できるような食習慣を身につけます。

促進期で5〜6キロ落ちる人がいるので、そしたら達成期に移行してリバウンドしにくい体を作ります。促進期でうまく体重を落とせなかった場合には、活性期・確立期と移行して緩やかに体重を落としていきます。

17日間ダイエットの促進期の考え方

促進期はとにかく脂肪燃焼を意識し、体外へのデトックス(毒素排出)を念頭におきます。促進期だけでも5〜6キロ落ちる人が多いので、多くの人がここで達成期に移行します。その為にも食事は高タンパクなものを中心にじゃがいもやお米、豆類などの炭水化物は一切遮断します。

更に発酵食品であるヨーグルトやキムチ、お味噌などを積極的に摂取するようにします。しかし特に食事量の制限はありませんので、しっかり食べて腹8分目位で抑えるようにしましょう。

促進期に食べて良い物は、野菜、キャベツ、ブロッコリー、鶏ムネ肉、卵などで、プロバイオティクス食品、味噌、キムチ、ヨーグルトなどの発酵食品は必ず欠かさないようにします。逆に食べてはいけない食材は、じゃがいも、炭水化物、脂肪が多い牛肉、豚肉で、控えめにすべきなのが糖分や糖質の多い果物だと覚えておいてください。

1日2リットルは水分を摂取するようにします。水だけで難しい場合にはカテキンの多いお茶を飲んだり、レモン水にして飲むなど続けられる方法でしっかりと水分補給を行うようにし、1日2回の17分間の有酸素運動も行います。有酸素運動と言っても、少し大股か早歩きで17分歩けばOKですので、仕事の往復を活用して消化するようにします。

lady-1086392_640 (1)

17日間ダイエットの活性期の考え方

活性期はとにかく代謝を上げることで脂肪燃焼しやすい体を手に入れることが目的です。ダイエットで一番やっかいなのが最初の3週間で訪れる停滞期、この時期に促進期の食事と活性期の食事を繰り返すことで体脂肪にアプローチしていきます。

活性期は炭水化物を摂取してもOKですが、じゃがいもの場合には、ランチまでに食べ終えるようにし、お肉を食べる場合は赤身で脂肪の少ないものをチョイスするようにします。促進期同様にお酒を呑むことは出来ません。

1日2リットルの水分補給と17分間の有酸素運動は継続します。

17日間ダイエットの確率期の考え方

確立期まで頑張ったあなたには、ここで炭水化物とアルコールが解禁されますが、やはり体重の落ち方を維持したい場合は、炭水化物の摂取はランチまでに終えるようにし、お酒でも1日1杯程度に控えましょう。有酸素運動を継続することで代謝効率をアップさせます。

17日間ダイエットの達成期の考え方

確立期にこれたあなたの体型と体重は最初の理想に近づいているはずです。今の食習慣を維持して、リバウンドしないように注意します。平日はダイエット、週末は少し開放するなど息抜きをすることも心がけながら、理想体重を維持できるように努めてください。

girl-856926_640

17日間ダイエットで最も重要なのが、最初の促進期です。このモレノ式ダイエット(17日間ダイエット)を続けられるかどうか?というのは、促進期にどれだけ体重変化があるのか?という部分にあります。促進期で3〜4キロ落ちれば、モチベーションも維持できるでしょうし、5〜6キロ落ちれば一気にテンションが上がると思います。

それ位重要な促進期ですので、手を抜かずしっかりやってみてください。実際に17日間ダイエットをしたおかげで今では飲み会が続いても太りにくい体を手に入れた人も沢山います。あなたもたった17日間で理想の体重や体型を手にできますので、ぜひ夏までに痩せたいという願望をこのモレノ式ダイエットで手に入れてください。

スポンサーリンク