アーモンドの美容効果と食べ方のポイント!

スクリーンショット 2015-02-18 13.24.22アーモンドのデトックス効果から若返り効果まで、素晴らしい効能を紹介!嬉しい美容効果や食べ方のポイントなど…あなたの食生活の参考にしてください!

スポンサーリンク

アーモンドは美容の強力な味方です。

「ニキビができる」「カロリーが高い」…そんなイメージのあるアーモンドですが、実はデトックス効果から若返り効果まで、アーモンドには素晴らしい効能がいっぱいあります。

アーモンドの主な栄養素

ビタミンE

アーモンドの代表的な栄養素は「ビタミンE」で、アーモンド100gあたり含まれるビタミンEは31.0mgとピーナッツの約3倍です。ビタミンEは、抗酸化作用が強く、抗酸化作用により老化のスピードを抑え、さらにはガンや生活習慣病の予防効果も期待される重要な栄養素です。

オレイン酸

スクリーンショット 2015-02-18 13.24.42アーモンドの脂質の約70%がオレイン酸でできています。オレイン酸は不飽和脂肪酸です。脂質といっても通常の油と異なり体内で酸化しにくく、かつ善玉コレステロールを維持したまま、悪玉コレステロールだけを制御する働きがあります。

ミネラル

カルシウム、鉄、リン、カリウム、マグネシウム、亜鉛などがバランス良く含まれています。ミネラルは代謝、生理作用にも影響を与える大切な成分の為、健康維持には欠かせません。さらに女性に不足しがちなカルシウムや鉄分が手軽に補給できるところも嬉しい効能です。

アーモンドの効果をまとめると

スクリーンショット 2015-02-18 13.24.28デトックス効果
ダイエット効果
抗酸化作用での老化防止、若返り効果
老化の原因物質AGEsを減少させる効果
鉄分補給による貧血の予防
食物繊維で便秘解消
善玉コレステロールを増やし、血液がサラサラになる

アーモンドは、リバウンドが少ないダイエットが可能

スクリーンショット 2015-02-18 13.24.47ハーバード大学の研究によると、1日の摂取カロリーを男性1500kcal、女性1200kcalに抑えたダイエットを6ヶ月行ったところ、低脂肪の食事を行っていたグループよりも、アーモンドやオリーブオイルなどで不飽和脂肪酸を主に摂取したグループの方が、効果的な体重減少が見られ、さらにリバウンドもダイエット後12ヶ月間見られなかったということです。

アーモンドの食べ方ポイント

選び方は、殻付きで生のもの(ロースト無しの方が良い)
食べ方は、薄皮ごと食べる
摂取量は、1日20~23粒くらいが目安
保管は、缶・瓶に保管すること

気になるアーモンドのカロリー

スクリーンショット 2015-02-18 13.24.58100gで、598kcalです。10g(約10粒)で、60kcalと少し高めですが、上記の効果を考えると、1日の食事の中でバランス良く口にしたいものです。

ちなみにスーパーモデルの川原亜矢子さんは毎日アーモンドを20粒ほど口にしているそうです。甘いおやつや市販のお菓子を食べるなら、それをアーモンドに置き換えるだけでも、美容面でも健康面にも効果がありますよ。

スポンサーリンク