ココナッツシュガーが万能すぎる!

「ココナッツシュガー」って何!?

スクリーンショット 2015-02-22 17.39.03

ココナッツシュガーとは、栄養成分が豊富なココナッツの花からとれるを蜜液をゆっくりと煮詰め、結晶化するまで乾燥させた花蜜糖(ココナッツシュガー)のことで、キャラメル色をしています。

スポンサーリンク

「ココナッツシュガー」の効果とは?

①砂糖に比べ、圧倒的にGI値が低い。

スクリーンショット 2015-02-22 17.42.01砂糖のGI値は110で、はちみつやメープルシロップはおよそ70以上と高く、ココナッツシュガーのGI値はおよそ35で、大豆と同様に低GI食品に分類されます。

②不足しがちなビタミンB群がとっても豊富です。

スクリーンショット 2015-02-22 17.42.08

ビタミンB群が欠乏すると、安眠できずイライラの原因になります。集中力や記憶力、うつにも関連していると言われています。

③ミネラルがたっぷり含まれている。

スクリーンショット 2015-02-22 17.42.13窒素、リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、塩素、硫黄、ホウ素、亜鉛、マンガン、鉄、銅と必要なミネラルが豊富に含まれているので、ダイエットや美肌、アンチエイジングに最適です。黒糖と比べると、約15倍のカリウム、約20倍のナトリウム、約26倍の塩素、約4倍のマグネシウムなどミネラル分が豊富に含まれています。

④代謝を上げる「16種類のアミノ酸」が摂取できます。

スクリーンショット 2015-02-22 17.42.2216種類のアミノ酸がバランス良く含まれています。筋肉のエネルギー供給源となり、筋肉の維持やケアに必要なBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)も含まれています。

⑤便秘に効く「食物繊維」が豊富です。

スクリーンショット 2015-02-22 17.42.32

イヌリンという食物繊維が含まれています。イヌリンは腸内細菌の生育を促す難消化性食物繊維(プレバイオティクス)です。

⑥甘いのに、食べても虫歯になりにくい。

スクリーンショット 2015-02-22 17.42.38

ビタミンやミネラル、アミノ酸を多く含む、ココナッツシュガーは、他の砂糖に比べ、虫歯になりにくいと言われています。

「ココナッツシュガー」はどんな味?

キャラメルの様な香りでコクがあり美味しいのですが、ココナッツオイルのような特長ある風味はありません。

「ココナッツシュガー」はこんな使い方がおススメです。

スクリーンショット 2015-02-22 17.39.12ココナッツシュガーに含まれる豊富なミネラルは水に溶けることで電解質を促し水分の吸収を高めてくれます。天然のアイソトニックスポーツ飲料として水分とミネラル・アミノ酸・ビタミンB群の補給に使えます。

スポンサーリンク