48時間限定フルーツ断食で美しくなる!

スクリーンショット 2015-03-02 12.05.13「断食(ファスティング)」の飢餓感は辛いですよね。でも、比較的飢餓感が少なく、甘味で舌も心も満たされるのが「フルーツ断食」です。その方法を簡単にまとめてみました。但し、体調不良の時は実行禁止なので、ご注意下さい。

これだけは絶対守りましょう!

「期間は2日のみ それ以上は行わない」これは必ず守って下さい。
いくらやりやすく、痩せるからと言っても、フルーツだけでは栄養不足に陥りますし、必要以上にやるとドカ食いの反動も考えられます。何より体調不良時や生理中は避けるようにしましょう!

スポンサーリンク

48時間限定フルーツ断食では、どんな効果が期待できるの?

①脂肪を燃焼!代謝力up!

フルーツには、ビタミンやミネラル、糖分も入っているので、単なる絶食と違い、飢餓感なく、体に栄養を補いながら脂肪を燃やすことができます。

②排せつ力が高まり、むくみも解消!

フルーツには、老廃物を排泄に導く様々な酵素が豊富に含まれています。またカリウムも豊富に含まれていますので、余分なナトリウムも排出してくれ、むくみ解消にも効果があります。

③疲れやだるさが取れてスッキリ!

消化のために使われるエネルギーが断食で減ることで胃腸などの内臓器官が休まり、リフレッシュ効果が期待できます。

48時間限定フルーツ断食のルールとは?

≪1~2日目 導入食期≫

スクリーンショット 2015-03-02 12.06.34肉や豆類をしっかりと食べ、代謝に欠かせないタンパク質やビタミン・ミネラルなどもしっかりと補給し、48時間限定フルーツ断食に備えてください。フルーツ断食の前日は、アルコールは控え、夕食も軽く、遅くとも午後8時位までに済ませる。それ以降は水やハーブティー以外は摂らないようにして、午前0時までには床に就き体調を整えます。

≪3~4日目 断食期≫

スクリーンショット 2015-03-02 12.06.40果物を何回食べるという規則はないので、好きなように食べます。体内の排泄と浄化が高まる午前中は、酵素のパワーを最大限に活かすため、1種類だけにしましょう。様々な種類のフルーツを食べてしまうと、フルーツに含まれる複数の酵素が反発し合い、効果が薄れてしまいます。

1日3回+間食のペースでフルーツを食べることと、断食のリズムが整いやすくなります。食べるペースに悩む場合には、このようにしましょう。

フルーツは固形のほうが食べ応えがありますが、ジュースにすることで消化吸収にエネルギーが使われにくくなり、断食効果はアップします。南国産の果物は体を冷やすため、避けたほうがベターです。水分は水やノンカフェイン、無糖のハーブティーなど、刺激物を入れないようにしましょう。

普段通りに生活して問題ありませんが、体に負担のかかるような激しい運動は、断食期間は避けるようにしましょう。

≪5日目 復食期≫

スクリーンショット 2015-03-02 12.06.44脂質や糖質の多いもの、小麦加工品、乳製品など体に吸収されにくいものは避けます。断食終了直後から、ごはんなどの主食をとってしまうのは、まだちょっと胃に負担がかかりますので、果物におみそ汁など、汁物を1品加える程度にするのがベターです。

夜は炭水化物を解禁しても大丈夫です。ごはんを食べられる人は食べてもOKですが、おかゆやぞうすい、日本そば、うどん、ヨーグルトなど消化の良いものにしましょう。お腹が慣れてきたら、豆腐や卵などたんぱく質も増やしていきましょう。

断食をすることで、下痢になったりするっていう話もありますが、それは身体が排泄のほうに傾いているという証拠だということです。つまり、断食のプラス効果だと理解して問題ないでしょう。

スポンサーリンク