お腹まわり徹底ダイエット!

スクリーンショット 2015-03-06 15.17.42ウエストに「くびれ」があると不思議と魅力的に見えます。多少ぽっちゃりしていても、女性らしいバストやヒップが強調できるので、クビレを作らない手はないですよね?ということで、お腹まわりに集中した徹底ダイエット法をお伝えします。

魅力的な「くびれ」を作るために改善したい3つの生活習慣

1,内臓を冷やさない

冷たい飲み物の過剰摂取で内臓を冷やすと、代謝が低下してしまいます。また人間の体は冷えた部分を守ろうとする為、冷たい飲み物で冷やされたお腹周りに脂肪がつきやすくなってしまうのです。内臓を冷やさないように、暖かい飲み物を摂るように心がけましょう。

2,末端を冷やさない

女性の場合、特に手足といった末端部分が冷えがちです。それが原因でお腹周りも冷えてしまい、むくみやセルライトを招く恐れがありますので、末端の冷えにも注意しましょう。

3,シャワーで済ませない

入浴時は、できるだけお湯に浸かり、体の芯から温めるようにしましょう。内臓を温めることで腸の活動も活発になり、便秘解消にも役立つというおまけもあります。

スポンサーリンク

魅力的な「くびれ」を作るストレッチ方法

寝ながらできるくびれストレッチ その①

スクリーンショット 2015-03-06 15.17.561,うつ伏せで寝ます。
2,腕を使って上半身を少しずつ起こしていきます。
3,気持ち良いと感じるところで止めて5秒キープします。
4,体を右にひねって5秒キープします。
5,体を左にひねって5秒キープします。
6,ゆっくりと体を戻します。

*腰痛のある人は、特に腰を反りすぎないように注意しましょう。無理をすると腰に痛みを生じる原因になってしまいます。ヒジを伸ばして行うのがつらい場合には、ヒジを曲げて行っても大丈夫です。まずは自分の出来る範囲を目指しましょう。

寝ながらできるくびれストレッチ その②

スクリーンショット 2015-03-06 15.18.021,仰向けに寝ます。
2,右ヒザを90度に曲げ、股関節も90度になるようにしてヒザを床に近づけます。
顔は右側に向けましょう。左手でヒザの辺りを押してあげると、気持ちよく伸ばせます。
*上半身が横を向かないように、右肩が床から離れないように注意します。
3,そのまま5秒キープしましょう。
4,体を元に戻して楽にします。
5,左足も同様に行います。

デスクでできるくびれストレッチ その①

スクリーンショット 2015-03-06 15.18.111,イスに深く座ります。
2,両手を上にあげて、お腹を引き上げるようにして上に伸び、5秒キープします。
3,力を抜いて楽にします。
4,両手を上にあげて背筋を伸ばし、ゆっくりと右に体を倒します。
5,気持ちよくわき腹が伸びたところで5秒キープします。
6,体を元に戻し、ゆっくりと左に体を体を倒して5秒キープします。

デスクでできるくびれストレッチ その②

スクリーンショット 2015-03-06 15.18.191,イスに腰掛けて、右足が上になるようにして足を組みます。
2,右に体を向け、腰をひねるようにして背もたれをつかみます。
3,2の状態を5秒キープし、ゆっくりと元の姿勢に戻します。
4,左足が上になるようにして足を組み、同様に行います。

*背もたれのないタイプのイス場合は、イスの座面を掴むようにします。姿勢が崩れてしまうと、せっかくの効果が出にくいので、背筋をしっかり伸ばして行いましょう。

スポンサーリンク