運動しても痩せない人の見直すべきポイント!

スクリーンショット 2015-03-12 19.57.20運動してもなかなか痩せない時があり、何かやり方が間違っているのではないかなと気になっています。せっかく運動するんだったら痩せたいので、痩せない理由をまとめて、ダイエットや健康に活かせるようにしたいと思います。

スポンサーリンク

運動しても痩せない理由

運動でのカロリー消費は思ってるほど少ない。

例えば50キロの女性が1キロ走ったら50kcal消費するという計算なので、3キロ走ってもご飯1杯分くらいのカロリーしか消費できないのです。

栄養不足で代謝が悪い

食事制限などで栄養不足であれば、代謝も悪くなり、運動で痩せるのは難しくなります。

筋肉が有効に使われないので脂肪が燃焼できない

筋肉を正しく使うための関節が正常に動いていれば、大きな筋肉も有効に使用されて脂肪が燃焼しやすくなります。

運動で効果的に痩せるためのポイント!

スクリーンショット 2015-03-12 19.57.25運動後6時間はいつもと同じように過ごしても脂肪が燃焼しやすい状態が続くため、午前中の運動が効果的です。

出勤前や午前中に運動を取り入れると、ダイエットには効果的です。

最大心拍数の60~70%ぐらいが脂肪の燃焼に効果的です。

運動をして「もうこれ以上がんばれない!」というときの心拍数を「最大心拍数」といい、この最大心拍数の60~70%くらいの運動を心がけると良さそうです。

運動効率のよい時間帯は、空腹でも満腹でもない「食後2~3時間」

運動する時間帯も効果的な時間帯を選ぶことで、痩せやすくなります。

毎日続けると、運動効果があがる

同じ運動でも、効果は1日おきなら90%、2日おきなら70%、3日おきなら50%、週に一度だと20%までに落ちてしまうので、毎日コツコツ続けることが大切です。

こんな間違ったことしていませんか

スクリーンショット 2015-03-12 19.57.35激しい運動は、細胞に十分な酸素を届けることができなくなり、脂肪を効率よく燃焼できないのです。また夜9時以降は深部体温が徐々に低くなり、眠りの準備に入る時間帯のため、体温を上げてしまうような運動はNGです。

家の中で万歩計を付けて歩いたとしても、短距離を断続的に繰り返し歩いただけなので、体脂肪は燃焼しません。

日常生活で見直すポイント!

日常生活の姿勢や動作を見直すことが大切です。

スクリーンショット 2015-03-12 19.57.51姿勢が悪いと脂肪を体に貯めやすくなり、動作もしっかりひざを伸ばすなど、普段の生活の中の姿勢や動作を見直すことで、運動でのダイエット効果をサポートすることになります。

運動中・運動後、水分補給を十分に行うことで新陳代謝を良くする

スクリーンショット 2015-03-12 19.57.55水分補給をしなかったり、太るからと水を飲まないと新陳代謝が悪くなるので、運動中・運動後は水分補給をしっかり行いましょう。

最初から大きな目標をたてず、長続きする習慣をつけることができればベスト

スクリーンショット 2015-03-12 19.58.01毎日続けられないような大変な目標ではなく、日々の生活の中でできることや、毎日続けられる習慣を身につけることが大切です。

スポンサーリンク