寝起きストレッチダイエットで簡単代謝アップ!

スクリーンショット 2015-03-16 17.05.40寝起きにたった数分だけでも、寝っ転がったままストレッチしています。寝起きストレッチにどんな効果やストレッチの種類があるのか気になったので調べてみたら、基礎代謝アップにつながっていたことが判明しました。皆さんも寝起きストレッチを取り入れて、1日の良いスタートをきってください。

寝起きストレッチがダイエット向きな理由!

寝起きストレッチで固まった筋肉を伸ばすことで、リンパや血行がよくなってカラダがポカポカしてきます。朝起きてすぐの代謝量を上げておけば、代謝量が上がっている状態のまま一日を過ごすことができ、全体の代謝量が上がるので、痩せることにも繋がります。

リバウンドしにくいカラダになる

基礎代謝をアップすることは、ダイエット効果を高めてくれる効果があると同時に、リバウンドしにくい体質を作る事にもつながります。寝起きストレッチで、普段あまり使わない場所の筋肉も鍛えられるので、脂肪がつきやすい場所もそうではない場所も筋肉量が増え、脂肪がつきにくくスリムな体型をキープしてくれます。

スポンサーリンク

寝たままできるストレッチまとめ

全身を伸ばす

スクリーンショット 2015-03-16 17.05.461,仰向けに寝て、足を肩幅より広めに開きます。
2,両手を上に向けて横にのばします。
3,大きく息を吸いながら、両手両足を遠くに広げるように伸ばします。
4,伸ばしきったところで息を止め、耐えられなくなったところで一気に息を吐きだし、全身の力を抜きます。

*これを3~4回繰り返します。眠っていた体がゆっくりとオンモードになるのを感じられて気持ちがいいです!

カラダをひねる

スクリーンショット 2015-03-16 17.05.521,左ヒザを立てた姿勢で、その左脚を右側にゆっくりと倒します。
2,そのとき上体は、左側のほうにひねります。
3,そして、10~20秒間、その姿勢を保ちます。

*必ず反対側も同様にします。勢いをつけずゆっくりと行うことを心がけてください。

腹筋に効果的なストレッチ

スクリーンショット 2015-03-16 17.05.581,仰向けになり、頭の後ろで両手を組み、おへそのあたりに視線を移します。
2,息を長く吐き出しながら(ここがコツ!)肩甲骨が床から少しだけ浮くように上半身を浮かせます。
3,息を吐きながら元の状態に戻ります。

*5回を目安に挑戦してみてください。

骨盤矯正の効果もあるストレッチ

スクリーンショット 2015-03-16 17.06.031,両足の親指をくっつけ離れないようにします。
2,息を吐く→吸う→吐く→吸う(の二呼吸)
3,吐きながら両足親指を付けた状態で、踵(かかと)を床から30センチ上にあげます
4,吐き切ったところで、足をストンと落とします。
5,2分間そのままジッとしてます。骨盤が引き締まります

*寝ている間にゆるんだ骨盤を閉める働きもあるので、下半身引き締めにつながります。

太ももに効くストレッチ

スクリーンショット 2015-03-16 17.06.09

1,片膝づつ抱え込みます。足の指を上に向けて、伸ばした足の膝裏が床から浮かないように注意します。

スクリーンショット 2015-03-16 17.06.14

2,右足を上げて、膝を両手で組んで頭の方に倒します。少しならば伸ばした足の膝が曲がっても良いですが、伸ばした足の膝裏は床から浮かないようにしましょう。

ストレッチをする時のポイント

・勢いや反動をつけないようにする。
・できるだけ毎日行うようにする。
・運動中は呼吸をとめないようにする。
・力を入れずにリラックスして行います。

スポンサーリンク