シャワーで代謝を上げて痩せる!

メタボ改善や健康維持のためには、毎日湯船につかって身体をあたためる入浴の習慣が大切ですが、忙しい日々の中でゆっくりと湯船につかることはなかなか難しいものです。そこでシャワーだけで代謝を上げてダイエットできる法をご紹介します!

スポンサーリンク

基礎代謝とは

スクリーンショット 2015-03-19 15.51.32基礎代謝とは、人間が生きていく上で絶対に消費されるエネルギーのことです。基礎代謝量がダイエットを成功に導く大事な鍵になります。食事制限や運動をして努力しているのになかなか痩せない場合、基礎代謝が低いことが原因のひとつかもしれません。

基礎代謝は年々低下し太りやすくなる!

スクリーンショット 2015-03-19 15.51.26基礎代謝は男性16歳、女性14歳をピークに下がります。ピークを過ぎて基礎代謝が年々下がるころで、どんどん太りやすくなってしまうのです。運動せずに基礎代謝をあげる方法は何かあるのかと考えた場合に、実はシャワーだけで体を温め基礎代謝を上げる事ができます。

シャワーを浴びている間に「足湯」をする

スクリーンショット 2015-03-19 15.51.21洗面器にお湯を入れ、そこに足を入れるだけです。お湯の温度は、体温よりやや高めの38±2℃を目安に開始しましょう。足は“第2の心臓”と言われますが、足を温めることで下半身から全身への血行がよくなり、老廃物の排泄を促しつつ血の巡りをよくして代謝量を上昇させることができます。

首のうしろをしっかりと温める

スクリーンショット 2015-03-19 15.51.14首のうしろには太い血管が通っており、ここを温めることで全身を効率よく温めることができます。基礎代謝を上げるには、※褐色脂肪細胞と呼ばれる首の後ろや背中にある組織を活発にさせることも大切です。41度のシャワーを20秒程度で大丈夫です。

温かめのお湯をしっかりと首のうしろにかけて、じんわりと温めることで、代謝UPだけでなく、肩や首の“こり”の改善にも効果的です。

タオルを利用して温熱効果をUPさせる

スクリーンショット 2015-03-19 15.51.09熱いお湯に浸してしっかり絞った温タオルを作り、首に乗せて温湿布してみましょう。肩にタオルをかけてシャワーを浴びれば熱を逃がさないようにすることができ、タオルが吸ったお湯や蒸気で身体を温める効果がUPします。

「冷⇔温」温度差シャワー

スクリーンショット 2015-03-19 15.50.59身体が寒いと感じると、人間は脂肪を燃やして体温を上げようとしますので、それを利用します。40℃のお湯と20℃の冷水を交互に5回ずつ20秒間、首の後ろに当てます。冷たい水を浴びることで褐色脂肪細胞が活性化され、痩せやすくなります。一日に2,3回繰り返す事で、褐色脂肪細胞はどんどんと活性化されていきます。

スポンサーリンク