やせるモード脳で簡単ダイエット!

一説によると人が太るのは、全身の司令塔である脳のバランスが乱れ、「太りモード」になっているからだといわれています。つまりどれだけ頑張っても、脳を「太りモード」から「やせるモード」に切り替えられなければ、ダイエットの成功はありません。

スポンサーリンク

「やせるモード」に入れる言葉を選ぶ

スクリーンショット 2015-04-04 15.44.08

「やせたい」でもなく「やせたいんだけど」でもなく、「やせるっ!」とキッパリ言い切れるようになったとき、ダイエットは成功する。「やせたい」では、脳が承認要求を満たしてしまう可能性があり、やせるための気力が失われ、「やせるモード」に入れないのです。

「脳をやせるモード」に切り替えるための方法

ダイエットを続けるのに必要なことは、明確な目的を持つことです。夢や目標は、あればいいというものでもなく、その目標は現実的なものなのかどうか確認・認識して頂く事も大切です。

ただし、過度な目標は注意!

「毎日腹筋100回」「毎日○km走る」「炭水化物を抜く」というように、ついついハードルの高い目標を設定していませんか? 実はこれがダイエット挫折の主な原因です。目標設定が高すぎると、「やらなきゃ」という心の負担も大きいため、心身のストレスから脳が「やせるモード」に入りづらいので注意してください。脳が「やせるモード」にさえ入ればどんどん痩せていきます。

常に目標を達成した自分をイメージする

スクリーンショット 2015-04-04 15.44.12効果的なのが、ダイエット成功後の自分をイメージすること。 理想の体型を手に入れたらどんな服を着るか、どんな気持ちになるかなどを細かくイメージすることで、脳を「やせモード」に切り替えましょう。

「やらなくちゃ」という義務感だけでダイエットを続けるとつらくなって挫折しがちです。毎日頑張っている自分を評価しつつ、明るい未来をイメージすることが大切です。

何よりもダイエット中に大きめサイズの服を着るのはNGです。 なるべくジャストサイズの服を着るよう心がけ、自分のカラダを意識するようにしましょう。
カラダに緊張感が生まれ、ダイエットに弾みがつきます。

視覚効果を使った「青色ダイエット」

スクリーンショット 2015-04-04 15.44.55青色ダイエットとは、人の心理的な視覚効果を利用したダイエット方法です。青色はなぜ食欲を抑制することができるのでしょう?それは自然界に青色の食べ物がないからです。というのも動物は色によって、食べれるか食べられないかを判断しています。青色は自然界では毒物を意味します。

周りに認めてもらい「やせるモード」が加速!

スクリーンショット 2015-04-04 15.44.34ダイエットとは、自分自身で心も体もコントロールしながら続けていかなければ成功しないものです。ただ、1人で続けていくには孤独を感じたり、色々な言い訳を思いついたりして中断してしまうケースもありますので、友人や家族に「ダイエット宣言」をして常に監視してもらったり、また、自分と一緒にダイエットを実践して競走し合うのも一つの方法です。

さらに効果を増やしたい場合は、ツイッターやブログで、これから食べるものをつぶやく。なるべく大勢の人たちに「ダイエットする」と約束することで痩せやすくなりますが、過度なストレスに変わる場合は、心を許せる人にだけ公開するようにしてください。

スポンサーリンク