餃子で痩せる 餃子ダイエットの秘密!

ルールは一つだけ、それは「夜に餃子を食べること!」「餃子ダイエット」とは、プロボクシングジムの女性会長が考案した エネルギーを燃やす体を作り 健康的に痩せる画期的ダイエット法なのです。

単食ダイエットはリバウンドが怖い

スクリーンショット 2015-04-07 14.24.24朝バナナダイエット、夜トマトダイエット、りんごダイエット、キウイダイエット・・・数々の単食ダイエットが流行ってきましたが、実はこれ、リバウンドが怖いって知ってましたか?

単品で体に必要なすべての栄養素を備えた食べ物はなく、今まで体が栄養を取ることを我慢してきた結果、他の食べ物が急に入ってくると、「栄養素を蓄えないといけない」と頭が体に指令して、ダイエット以前よりも、高い吸収力で食べ物の栄養分を体に備蓄してしまいます。

単食ダイエットは、足りない栄養を補うために筋肉を分解してエネルギーを作るので、筋肉が落ち、結果として消費エネルギーが落ちて基礎代謝が落ちて太りやすくなる。

炭水化物制限ダイエットもだめ!?

スクリーンショット 2015-04-07 14.26.22

炭水化物=糖質+食物繊維なので、炭水化物制限ダイエットと、糖質オフダイエットは基本的に同じものです。体重は落ちても、炭水化物を摂らないことによって食物繊維やビタミン、ミネラルが減り、コレステロール値が上がって生活習慣病予備軍の仲間入りをしかねません。

スポンサーリンク

餃子ダイエットは健康的に綺麗に痩せる方法!

スクリーンショット 2015-04-07 14.24.40餃子には肉(タンパク質、脂質)野菜(ビタミン、ミネラル)だけでなく皮(炭水化物)があり、さらに適度な糖質が含まれているので 、バランスが良く効率的なダイエット効果が期待できます。

1個あたりたった18gそのうち、皮は5gなので糖質が少ないのです。水餃子なら油を使っていない分、カロリーも1個あたり25~35kcalぐらいに抑えられます。水分が多い分、お腹も意外と膨れます。

餃子に含まれる栄養素のヒミツ!

・ニラとニンニクに含まれている「アリシン」には、殺菌作用がある
・「アリシン」はビタミンB1の吸収をアップさせてくれる
・豚肉の「ビタミンB1」とこのアリシンを一緒に食べると「アリチアミン」という物に変わって、これが疲労を回復してくれる
・ビタミンB1は肝臓でご飯やパンに含まれる糖質の分解を助け、エネルギーにかえるという過程で重要な働きをします。
・ニンニクに含まれる「スコルジニン」は体組織を若返らせ、新陳代謝を盛んにする
・キャベツはビタミンCがずばぬけて豊富。主な成分はビタミンU、ビタミンK、ビタミンC、食物繊維など

ラー油の「カプサイシン」も有名!

カプサイシンは中枢神経に作用して、エネルギー代謝を盛んにするんですね。だから、カラダの中の貯蔵脂肪を分解してくれるので肥満予防に効果がある。

餃子ダイエットのルールは1つだけ!食べるのは夜

スクリーンショット 2015-04-07 14.24.12餃子は、具材が全て細かく刻んであり、消化が良いので夜ごはんに最適ですし、なにより美味しいから、苦もなく毎晩でも続けられる!そして、餃子のおともに1杯のビールならOKです。

ただし、脂肪の合成を促す遺伝子BMAL1の働きは22時~深夜2時に最も高まるから、夕食は遅くても21時迄には済ませてください。筋肉が作られる時間帯は「運動後の30分~1時間後」と「夜寝ている間」です。

スポンサーリンク