朝ダイエットで簡単に痩せる!

ダイエットしてるんだけど、なかなか体重が減っていかない。なら、ちょっとだけ早起きして一番痩せられる「朝の時間」を有効につかってみませんか?実は朝の時間をうまく使うことで、効率的なダイエットができるのです。

スポンサーリンク

朝は、ダイエットのゴールデンタイム

スクリーンショット 2015-04-13 14.41.51体内時計が狂うと太りやすくなります。「ダイエットをやっているのに、何故か体重が落ちない」なら、朝の時間で、体内時計をリセットした方が良いかもしれません。朝、目覚めた後は交感神経が活発に働く時間帯で、同じ運動でも夜にくらべると10%程度も多くエネルギーを消費します。

起床後のポイント

まず、ゆっくり代謝をあげて、痩せやすい身体になっていきましょう。

起床後は白湯を少しずつ飲みましょう。

ダイエットを成功させるには、体を冷やす食べ物・飲み物は控えて温めることが大切です。

眠っている体を起こす軽いストレッチ。

ベッドの上で両手と両足を伸ばし、手首や足首をグルグル回すなど、体から目覚めていきましょう。

そのあと、まず体重測定をします。

朝、ダイエットを意識すれば、1日の食べ物への意識が変わってきます。

時間がなくてもササッとできる速攻ダイエット

朝日を浴びるだけダイエット

スクリーンショット 2015-04-13 14.41.47

朝に光を浴びることで体内時計が正しく働くようになり、体の代謝が向上します。また朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、自然と適切な睡眠リズムが保たれますし、よく眠れるようになれば、寝てる間に脂肪も燃えやすくなります。

ひねるだけダイエット

スクリーンショット 2015-04-13 14.41.41

5分もかからず、全身の血行がよくなって、脂肪燃焼効果も期待できます。背筋を伸ばし、両足を肩幅くらいに広げて、胸の高さくらいの位置で指を合わせたら、息を吸い、ゆっくり息を吐きながら、身体を左右にひねるだけの超簡単ダイエットです。左右で1回、これを10回繰り返してください。

朝食にも気を使えば、もっと効果がでる

スクリーンショット 2015-04-13 14.41.36朝食が一番大事と言われるのは、朝御飯を抜くと、後でドカ食いして血糖値が急激に上昇してしまうからです。またダイエットを成功させるためには、血糖値を「安定」させることが大事です。

ただ朝食の食べすぎは胃を拡張させ、食べ過ぎになりやすいので、朝食は昼食までにおなかがすく程度にすることが大事です。

何を食べたらいいのか?

スクリーンショット 2015-04-13 14.41.32食べる前にミネラルが豊富な『フルーツ』を少しだけ口にして、胃の消化吸収を活発にしておくと、エネルギー摂取がより効果的になります。効率よく吸収できれば、食べ過ぎも防げるはずです。

例えば、パンだけではなく、牛乳や、卵、豆腐など手軽なたんぱく質を一品プラスしましょう。代謝を上げるために『温かいスープ』や『味噌汁』を食べることをオススメします。

時間がない日に活用したい『バナナ』は、ビタミンやミネラルも豊富。あとは牛乳を飲んで、たんぱく質をカバーしましょう。

スクリーンショット 2015-04-13 14.41.24

朝ごはんを“7時11分”に食べると痩せやすいという調査結果もありますが、朝日を浴びてから2時間以内に、タンパク質と炭水化物の充実した朝食をとることが大切です。

スポンサーリンク