ホットレモンウォーターで体質改善&ダイエット!

スクリーンショット 2015-04-15 12.52.38ミランダ・カーが出産後に17キロのダイエットに成功したという事で注目されたホットレモンウォーター。ダイエットだけじゃなく便秘や血流改善、新陳代謝の改善、風邪予防など様々な効果があるのに作り方は超簡単!グリーンスムージーよりも手軽で簡単で材料もレモンだけ!作り方や効果、コツを紹介します。

スポンサーリンク

ホットレモンウォーターって何?

アメリカのセレブを中心に毎朝ホットレモンを飲むということが増えているという。とにかく楽チンで、時間もお金もかからない、簡単でローコストなダイエット方法です。

レモンの効果ってやっぱりすごい!

スクリーンショット 2015-04-15 12.52.32

レモンは天然の殺菌薬として、皮膚のトラブル解決にもオススメ。たっぷりのビタミンCによって、内側から肌を若返らせるため、アンチエイジングやシワ、黒ずみ、やけどなどにも使えます。

体内時計をリセット

スクリーンショット 2015-04-15 12.53.43レモンの香りを嗅ぐ、もしくはすっぱいレモン果汁を摂り入れることが、体内時計がリセットする効果があることが明らかになっています。私たち人間の体は、まったく日の当たらないところにいると25時間のサイクルを刻むといわれています。それを、朝決まった時間に起きて朝日を浴びることで体内時計をリセットしているのです。

ダイエット効果

スクリーンショット 2015-04-15 12.52.28ホットレモンにすることで、血行も良くなり、さらなる代謝アップ効果や冷え性解消にも役立ちます。また、疲労回復にも効果があるので、疲れたときはホットレモンで水分補給しましょう。熱いお湯に混ぜて温かくして飲むことに加え、レモンの酸味がエネルギー消費をスムーズに。体のめぐり&血流もスムーズになり、冷えも解消。体も温まり、代謝もアップしその結果、やせやすい体にシフトします!

レモンに含まれるポリフェノール「エリオシトリン」は、脂肪の吸収を抑え、体の外に排出することを助けていますので、肥満の予防になります。またレモンの酸味が、ストレスによる食べ過ぎやダラダラ食べの解消にもつながります。

便秘解消効果

スクリーンショット 2015-04-15 12.52.22

レモンに含まれる、”ペクチン”という食物繊維が腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進をします。ペクチンとは、ジャムを作る際にジェル状にする成分です。ペクチンが腸内で固まった便をジェル状にしたり、溜まっている便を柔らかくし、排泄しやすくします

ストレスや風邪を引きにくくする

スクリーンショット 2015-04-15 12.52.18レモンの長所は、ビタミンPが多く含まれているところです。ビタミンPは毛細血管を強くしてくれる物質で、風邪をひいた時など、血管の末端組織が弱り気味になりますが、ビタミンPはこれを強化してくれます。レモンには抗菌作用があるため、喉の感染症や咽頭炎など咽喉への感染症の際に使っても良いでしょう。

ホットレモンは、消化器系のトラブル改善にはぴったり。吐き気や胸焼け、寄生虫や消化不良など、お腹のイヤーなムカムカをすっきりさせてくれますし、レモンの香りに含まれる、リモネンという成分には、リラクゼーション効果があるので、ストレス社会でがんばる女性にもオススメです。

口臭予防

スクリーンショット 2015-04-15 12.52.13

新鮮なレモン果汁は、歯痛の軽減にも役立ちます。また、レモン果汁を使っての歯茎マッサージは痛みの軽減にも役立ちますし、口臭予防や歯茎強化にもつながります。

効果抜群だけど、これだけは注意!

スクリーンショット 2015-04-15 12.52.05レモンの中にエナメル質を溶かす成分が入っているため、レモン水を飲んだ後すぐのハミガキは控えましょう。また、酸の強いものは、空腹時に飲むと胃の粘膜を荒らすおそれがあリますので、注意が必要です。

冷たいとなぜダメなの?

スクリーンショット 2015-04-15 12.52.00レモンの果汁が摂取できるのであれば冷たいのでも・・・と思いがちですがこれが一番の落とし穴です。便秘の原因の一つに、腸の冷えがあります。ですから、冷たいレモン水だと腸を冷やして便秘を悪化させる可能性があるんです。それで、ホットで飲むことで便秘解消の効果を高くすることができる、という事になります。

ホットレモンウォーターの作り方

スクリーンショット 2015-04-15 12.51.55カップ1杯の白湯に、レモン半個の果汁を絞って加えるだけ。身体を温めるシナモンやジンジャパウダーを加えれば、よりダイエット向きに。毎回レモンを搾るのが手間なら、大さじ1杯の市販のレモン果汁でもOKですし、どうしてもそのまま飲むのが酸っぱいようであれば、少しだけ蜂蜜を入れても大丈夫です。

朝の空腹の状態に温かい飲み物を飲むことで眠っていた内臓が温められて、代謝がアップ!この働きが実は一番大切なポイントだそうです。内臓の温度が一度上がると代謝は10%あがります。

朝起きて、歯を磨いたら1番にホットレモンを飲みましょう。また、1日の最後の食事の後にも飲むと効果がよりアップします。レモン水を食後に飲むとよいのは、摂取した食べ物をエネルギーへと変える代謝を、クエン酸によりスムーズに行えるからだと考えられているからです。

新鮮なレモンの買い置きが難しい人、簡単にホットレモンウォーターを作りたい人に今オススメなのが、国内無農薬のレモンを使用したフローとレモンです。これだとレモン独特な後半のエグみを改善できて、本当にお手軽にホットレモンウォーターを楽しめますよ!

フロートレモンティーをチェック!

スポンサーリンク