豚肉ダイエットで、お肉を食べながら痩せる!

スクリーンショット 2015-04-18 14.11.53

豚肉に豊富に含まれるタンパク質は筋肉や内臓を作り、酵素やホルモン、神経伝達物質の素になる他、カルニチン、ポークペプチド等、ダイエットに効果的な成分がたくさん含まれています。

スポンサーリンク

実はお肉は太りにくかった!

お肉はダイエットの敵と思っている人も多いですが、肉はたんぱく質やビタミンB群が豊富なため、代謝の良い体を作るためにはおすすめの食品と言える。「痩せたい!」と思っても、肉を控えるのは誤った認識です。痩せたい人こそ肉をきちんと食べて適度な運動をし、筋肉をつけることがポイントになります。

肉食の時に、和食と同じぐらいにご飯やほかの炭水化物も食べてる人が太るという点を見過ごさないで下さい。

豚肉はダイエットに最適な成分がたっぷり

スクリーンショット 2015-04-18 14.11.22豚肉には基礎代謝量に関わる筋肉量を増やし、余分な脂肪を燃焼させるすぐれた成分が含まれています。肉はカロリーが高いからとダイエット中は控える人が多いですが、その結果、女性特有のミネラルとビタミン不足による貧血や肌荒れ、様々な体調不良を起こしています。

豚肉のダイエットにいい成分

カルニチン

スクリーンショット 2015-04-18 14.11.13カルニチンは食事で摂った脂肪や体内に蓄積されている余分な脂肪の分解を促進して、エネルギーに変換する作用が認められています。カルニチンは別名「脂肪燃焼の仕掛け人」と言われています。カルチニンは、脂肪を燃焼させる器官であるミトコンドリアに、脂肪を運ぶ大事な役割があります。

カルニチンは熱に弱いんです。だからといって豚肉生で食べれないから火を通す。ですから、できればしゃぶしゃぶが良いです。ちなみにカルニチンが多く含まれる場所はロースです。

ポークペプチド

スクリーンショット 2015-04-18 14.11.02ペプチドは血圧降下などダイエット以外にもカラダに良い効果や『肝臓の機能を高める』『コレステロールを低下させる』などの働きがあると考えられています。特に豚肉に含まれているのは、ポークペプチドと呼ばれているもので、肝機能の向上効果やダイエットには筋肉を作るタンパク質が欠かせません。

ポークペプチドにはコレステロールを下げる働きがあります。通常コレステロールは肝臓から出る胆汁酸と結びついて血管に入りますがポークペプチドがあるとコレステロールは血管に入れないのです。またアルコールとの相性もよく、肝臓の酵素の活動を活発化させて代謝を促進。アルコールの分解を早めてくれます。

そんな有益なポークペプチドですが、実は豚肉を炒めたときに肉汁といっしょに出てしまうので、中華スープを入れて無駄なく摂取すると効果的です。

アナンダマイド

スクリーンショット 2015-04-18 14.11.18脳の扁桃体を活性化させ、幸福感をもたらす作用があります。そのため、食事に対する満足感を得られやすく、食べ過ぎを防ぐ働きをします。他にも、リラックス効果や記憶力増進など、心身にさまざまな良好な効果をもたらす可能性があるともいわれており、今後の研究が期待されています。

スポンサーリンク