りんごの皮の意外なダイエット効果!

スクリーンショット 2015-04-21 12.21.43

りんごの皮に含まれてる『ウルソル酸』は体脂肪減少&筋肉肥大効果があるとひそかに注目されてます。皆さん皮はむかないで食べましょう!

スポンサーリンク

りんごの皮には

ポリフェノールやカリウム、ペクチンなどの健康に役立つ成分が多く含まれているため、皮ごと食べるのが健康には良いとされています。

ウルソル酸とは

スクリーンショット 2015-04-21 12.21.48リンゴの皮に含まれる天然化合物です。脂肪組織を減少させるとともに、血糖値やコレステロール、中性脂肪値を低下させ、筋肉強化に有用的な成分になります。

ウルソル酸が、有益な筋肉や褐色脂肪を増やすことで肥満を予防することができるかもしれないということで、メタボ対策としても注目されています。筋肉と褐色脂肪はエネルギーを燃焼するため、ウルソル酸はカロリー消費量を増加させます。つまり、ウルソル酸は食事由来の肥満、糖尿病前症、脂肪肝から保護することができると見込まれている。

りんごの皮の美容効果とは?

スクリーンショット 2015-04-21 12.22.03「ウルソル酸」は、細くなったコラーゲンを太くし、構造を整えるという働きがあるため、できたばかりの浅いシワだけでなく、年齢を重ねた深いシワもアプローチできることが確認されました。これは女性にとっては、非常に嬉しい効果ですね。

ご存知だと思いますが、コラーゲンは、肌にハリと弾力を与えています。ふっくらハリのある肌は、コラーゲンが太くてしっかりしているのです。老化すると コラーゲンが減少するだけでなく、コラーゲンが細くなってシワが出来てしまいます。

そこで、コラーゲンを太くしてくれるウルソル酸が大活躍して、ほうれい線等のシワにも良い効果を与えてくれるというわけです。

さらに健康増進効果も!

りんごの皮を食べることで、血中の糖や脂質が正常なレベルに保たれ、肥満や糖尿病を防げます。ウルソル酸には、抗腫瘍作用の促進が報告されていますので、健康面から考えても、りんごは皮ごと食べるべきですね。

でも、農薬が心配です。

スクリーンショット 2015-04-21 12.21.58実際に出荷されているリンゴは、厳しい衛生試験場の検査が行われているのでよく洗えば心配ありません。野菜や果物からは農薬がほとんど検出されないか、残っていたとしても「ごく微量」で、健康に影響を及ぼすような量ではありませんので、洗ってしまえば問題ありません。

つまり、りんごはよく洗って皮ごとまるかじりしてしまうのが、良いと思われます。またすりおろして使うときも、またジュースやサラダにする時も皮ごとの方が効果的です。ちなみに、ポリフェノール・カリウムなどの栄養効果はジュースにしても変わりませんので、ご安心下さい。

スポンサーリンク