「フムス」が美しくダイエットできる人気の理由

レディーガガをはじめ、海外セレブたちがダイエットフードとして取り入れている「フムス」という料理に注目してみました。ダイエットしたい方必見です

スポンサーリンク

「フムス」とは?

スクリーンショット 2015-04-30 16.14.31海外ではセレブたちがこぞって注目している「フムス」という食べ物、映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』の中で、アブダビ入国の際に、ホルモン剤を没収されてしまったサマンサが、ホルモン補給のためにフムス食べていたので有名になりました。

レディー・ガガもコンサート前に食べてダイエットに活用しています。アレンジ次第でお食事としてもスイーツとしても楽しめる注目のダイエットフードなのです。

主な材料はひよこ豆

スクリーンショット 2015-04-30 16.14.17フムスは、ひよこ豆、ゴマ、オリーブ油、レモン汁、ニンニクをペースト状にした、シンプルながら味わい深い料理。トルコやギリシャなど、中東で古くから親しまれ、「ソウルフード」とも言われており、ヘルシー志向のニューヨーカーをはじめ、健康意識の高い欧米人の間ではすっかり定着となっています。

なぜフムスが人気なのか?

女性特有の便秘・貧血に効果がある

スクリーンショット 2015-04-30 16.14.11ひよこ豆には、タンパク質、ビタミンB1、B6、カルシウム、鉄分、亜鉛、カリウム、葉酸、食物繊維など、ダイエットだけでなく女性に必要なミネラルやビタミンが含まれています。ヒヨコ豆に含まれる不溶性食物繊維(水に溶けない食物繊維)は、胃や腸で水分を吸収し大きく膨らみます。

これにより、便のかさ増しや、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便通を促進するという。また、カナダの栄養学の専門家Shara Vickers女史によると、ひよこ豆には微量ながらビタミンCが含まれており、これが鉄分の吸収を助け貧血気味の人にはお勧めだとのことです。

コレステロールを下げる働きもある

スクリーンショット 2015-04-30 16.14.01私たちの体は肉以外の食品に比べ、肉からの鉄分の方が吸収しやすいようにできているが、ひよこ豆なら効率よく、それ自体に含まれる鉄分を吸収できます。食物繊維を小麦製品(パンやシリアル)から摂取していた人に比べ、ひよこ豆を食べていた人の方が脂肪の摂取量が少なく、コレステロール値も下がったという。

大豆と比較しても、ヒヨコ豆のほうが食物繊維が多く、カロリーと脂質も少ない。つまり、低カロリー・低糖質、それでいて高タンパク、食物繊維やミネラルが豊富なのがフムスの特徴なのです。

美しく痩せられる

スクリーンショット 2015-04-30 16.13.55代謝を上げて、むくみ対策にもなるフムスは美容・ダイエットフードと言われている。女性ホルモンも活性化してバストアップ効果も期待できます。

体にとって有毒な、ダイオキシンなどの物質を排泄するデトックス効果も期待でき、美容、ダイエット、バストアップと女性の味方にもなるので、海外ではいろんなレシピが紹介されていて、かなり一般的に食べられているのです。

とにかく手軽なのがいい

基本的には材料をすべてミキサーで回すだけでOKという簡単なものです。ヒヨコマメといえば、ボッコボコで変な形ですが、そのおいしさは豆の中でもピカイチ。ペーストにして味付けした「フムス」が有名です。

フムスの食べ方とは?

スクリーンショット 2015-04-30 16.13.31フムスはピタという薄いパンに付けて食べるのが中東では一般的でしたが、世界中に広まったことでクラッカーやサンドイッチ、野菜ディップなどにも用いられるようになりました。

ニューヨークでは、クラッカー、生野菜、トルティーヤ、ピタパンなどにつけて食べられています。特に、野菜と一緒に食べるとより健康的です。

海外では、ビートや黒豆、アボガドオイルや松の実、ピーナッツバターなどを使ったり、材料を応用したレシピがたくさんあり、レストランやスーパーでも売られていますので、皆さんも工夫してみてください。

スポンサーリンク